Archive for category 単純(simple)

Date: 8月 20th, 2017
Cate: 単純(simple)

シンプルであるために(ミニマルなシステム・その22)

1970年の終りから1980年代にかけて登場してきた真空管アンプメーカー、
それもアメリカのメーカーのいくつかは、
ラインアンプを真空管の一段増幅で構成しているものがあった。

(その21)書いた、FET一石のゼロバイアスのヘッドアンプ的な構成のラインアンプだ。
どちらもこれ以上、部品点数を減らすことはできない、という回路構成。

こちらに関しても、シンプルな回路ゆえに音の劣化が少ない、
つまり音がいい、という人がやはりいる。

いいたいところはわからなくもないが、
真空管一段構成のラインアンプも、ほんとうにシンプルといえるのか。

その前に考えたいのは、FET一石のヘッドアンプも、
真空管一段増幅のラインアンプも、入力と出力の位相が反転している、ということ。

つまりどちらも逆相アンプである。

システム全体が正相であるか逆相であるか、
そのことによる音の違いははっきりとある。

本来的にはプログラムソースを含めての、システム全体が正相であるべきで、
録音によっては逆相のものもあるし、
部分的に逆相(マルチマイクロフォン録音で、一部のマイクが逆相)もあるし、
録音そのものは正相であっても、LP、CDが逆相になっていることもある。

トータルの位相管理は、1960年代からいわれていることである。
マランツの管球式パワーアンプModel 9には、だから位相反転スイッチが設けられている。

このシステム全体の位相管理での正相・逆相を、
何度説明しても、左右チャンネルが逆相になっていることと混同する人がいる。

あくまでも左右チャンネルは同相で鳴っていての、
その上でのシステム全体の正相・逆相のことである。

Date: 2月 9th, 2017
Cate: 単純(simple)

シンプルであるために(ミニマルなシステム・その21)

1970年後半に、FET一石使用のゼロバイアスのヘッドアンプの製作記事を、
オーディオ雑誌で何度か見かけた。

FETの他には抵抗とコンデンサー、
電源は消費電流が少ないこともあって、乾電池を使った製作例もあった。

それらの製作記事の詳細を憶えているわけではないが、
シンプルで音がいい、的なことが書かれてあったはずだ。

FETが一石ということは、これ以上増幅素子を削ることはできない。
増幅するには最低でも何らかの増幅素子がひとつは必要となる。

FET一石のゼロバイアスのヘッドアンプは、
シンプルなのかミニマルなのか。

増幅素子に限らず、抵抗やコンデンサーいって部品も少ない方が、
アンプとしてシンプルである、といわれがちだし、思われがちだ。

でも、ほんとうに能動素子、受動素子の数の少ないのがシンプルなのだろうか。
部品点数の少なさがシンプルであることに直接結びつくのだろうか。

ここで考えるべきは、素子の数といった視覚的なことではなく、
アンプとしての動作について、である。
さらにいえば、それぞれの部品の動作について、もである。

少なくともアンプについてシンプルということは、
目的を実現するための動作がシンプルであれば、そのために素子数が増えても、
そのアンプはシンプルということになる。

トーンコントロールやフィルターといったファンクションを削ったアンプが、
素子数をできる限り減らしたアンプが、
シンプルとは限らない。

Date: 1月 6th, 2017
Cate: 単純(simple)

シンプルであるために(ミニマルなシステム・その20)

シンプルとは何かを考えていくためのミニマルなシステム。
こうやって書いていて気づいたのは、
シンプルなシステムではなく、
ミニマルなシステムの定義とは、冗長性の排除なのかもしれないということ。

シンプルなシステムとの違いは、そこなのかもしれない。

Date: 12月 22nd, 2016
Cate: 単純(simple)

シンプルであるために(ミニマルなシステム・その19)

音における化粧について考えていると、
ミニマルなシステムは、音の化粧を受け入れるのか受け入れないのか、
音の化粧を求めるのか求めないのか──。

ソナス・ファベールのMinima AmatorとCHORDのHUGOのミニマルな組合せ。
スピーカーをロジャースのLS3/5A(15Ω版)にした場合の組合せは、
ミニマルなのかどうかを考えていると、
Minima AmatorとLS3/5Aの違いは、音の化粧にも関係してくることに気づく。

Date: 12月 20th, 2016
Cate: 単純(simple)

シンプルであるために(ミニマルなシステム・その18)

CHORDのHUGOに接ぐのがソナス・ファベールのMinima Amatorではなく、
ロジャースのLS3/5Aだったら……、と想像してしまう。

見た目はMinima AmatorもLS3/5Aもそう大きくは違わない。
サイズも、ユニット構成も近い。
けれどネットワークは大きく違う。

LS3/5Aの特に15Ωのネットワークは、
6dB/oct.のネットワークからすれば、部品点数も多いし、
スロープ特性も、それからロス(損失)に関しても違う。

Minima Amatorのように、LS3/5Aは鳴ってくれるだろうか。

LS3/5Aを、昔GASのコントロールアンプThaedraで鳴らしたことは書いている。
精緻で緻密な音がした。
私にとって忘れられないLS3/5Aの音である。

Thaedraのラインアンプの終段は、
パワーアンプのドライバー段に相当するといえるもので、発熱量もかなりある。
電源も十分ゆとりのある構成だったからこそ、
LS3/5Aから、あの音が聴こえてきた、ともいえるところがある。

Thaedraのラインアンプと電源部と比較すれば、HUGOはスマートすぎる。
それに規模も小さい。
ネットワークが複雑なLS3/5Aをうまく鳴らせるのか、とどうしてもおもう。

うまく鳴るのかもしれない。
インピーダンス的には15Ωという値は、負荷としては軽くなる。
けれど……、という部分がどうしてもつきまとう。

オーディオは鳴らしてみなければわからないところがある。
LS3/5Aの15Ω版も、HUGOはうまく鳴らしてくれる可能性はある。

けれどMinima Amatorとのシステムほどにミニマルといえるだろうか。

Date: 12月 20th, 2016
Cate: 単純(simple)

シンプルであるために(ミニマルなシステム・その17)

その16)にコメントをいただいている。
ソナース・ファベールのMinima Amatorを、
CHORDのHUGOで、直接鳴らされている方からのコメントである。

いい音が鳴っている、とある。
そうだろうと思う。

Minima Amatorは大きなスピーカーではない。
小口径ウーファーとドーム型トゥイーターの小型2ウェイ。
このころのソナス・ファベールのスピーカーシステムのネットワークは、
6dB/oct.のシンプルなものだったはずだ。

6dB/oct.のネットワークはシンプルといえるし、
部品点数からいってミニマルな構成のネットワークでもある。

同じ小型スピーカーで、Minima Amatorと同じ程度の能率のスピーカーであっても、
ネットワークが複雑な構成であったならば、
HUGOで直接鳴らしての結果は、少し違ったものになる可能性がある。

HUGO + Minima Amatorhは、ミニマルなシステムといえる。
もちろん制約もある。
Minima Amatorの能率はさほど高くない。
パワーアンプなしなのだから、音量を望むことはできない。

その意味で、音量面でのミニマルといえる。
それだけに、深夜ひとりでしんみりと、
ひっそりとした雰囲気を漂わせる音楽に聴き耽るのであれば、
これで充分ではないか、と思わせてくれるだけでなく、
これ以上はむしろ邪魔なのでは、と思わせてくれるのかもしれない。

Date: 6月 17th, 2015
Cate: 単純(simple)
1 msg

シンプルであるために(ミニマルなシステム・その16)

CHORDのHUGOで直接鳴らしたい(つまりパワーアンプなしで)スピーカーは、
その13)で書いているようにフルレンジである。

タイムロードのブースでは小口径のフルレンジのスピーカーを鳴らしていたけれど、
私が鳴らしたいフルレンジのスピーカーは、
高能率のフルレンジで、口径も小口径のモノではなく、大きめの口径のモノである。

たとえばJBLのD130、グッドマンのAXIOM80、ローサー(ラウザー)のユニット、
いまや過去のスピーカーユニットと呼ばれているモノばかりであり、
これらの能率は100dB前後あり、いまの感覚では非常に高能率のユニットということになる。

ローサー(ラウザー)のユニットに関しては、VOXATIVのモノがある。
VOXATIVのAmpeggio SignatureにHUGO(もしくはHUGO TT)を接いだら、どんな音が聴けるのだろうか。

AXIOM80とHUGOの組合せも、個人的には非常に興味がある。
AC電源に頼ることなく鳴らすことができるわけで、
このことのメリットがAXIOM80の「性能」をどう鳴らすのか。

こういった高能率のフルレンジユニットとHUGOの組合せ、
タイムロードでの小口径の低能率のフルレンジユニットの組合せ、
得られる音量に違いはあるけれど、どちらもミニマルなシステムということになるのか。

ここではスピーカーの能率だけでなく、スピーカーシステムとしてのサイズも大きく違ってくる。
HUGOは手のひらにのるサイズだ。
HUGO TTにしても大きいといえるサイズではない。

HUGOと小口径のフルレンジのスピーカーとでは、サイズ的バランスもとれている。
それが高能率のフルレンジユニットとの組合せでは、ひどくアンバランスになる。

このアンバランスさは、ある意味、過剰なものといえる。
D130、AXIOM80などのユニットがもつ高能率も、パワーアンプを省略するための過剰なものといえる。

こういう過剰な要素をもつシステムは、ミニマルなシステムといえるのだろうか。
それとも充分な音量を得るために必要なものということで、過剰とはいえない、という見方もできる。

けれど、それならば素直にパワーアンプを用意すればいい、という見方もでき、
やはりHUGOに高能率のフルレンジユニットをもってくるのは、
アンバランスであることを認めなくてはならない。

そういうシステムが果してミニマルなシステムなのか、という問いが生れる。

Date: 2月 15th, 2015
Cate: 単純(simple)

シンプルであるために(ミニマルなシステム・その15)

オーディオという再生システムの中心をスピーカーとすれば、
組合せはスピーカーから始まるわけで、鳴らしたいスピーカーがまずあり、
そのためのシステムを組んでいく。

鳴らしたいスピーカーが能率がそれほど高くないモノ、
内蔵ネットワークは使用部品が多く、複雑なモノであれば、
ミニマルなシステムを組もうとしてもパワーアンプは必要となる。

にも関わらず、私はHUGOを主体とした組合せを考えている。
HUGOを主体としたミニマルなシステムを考えているわけで、
スピーカーを主体としたミニマルなシステムを考えているわけではない。

私は(その13)の最後に、
ミニマルという印象はHUGO単体が醸し出しているのではなく、
それをどう使ってみようか、という使い手側に潜んでいるということになるのか、
と書いた。

けれど、こうやって考えていくと、やはりHUGOにミニマルな要素があるということになるのか。
少なくとも私はHUGOにそういった要素を感じているから、
ここでこんなことを書き連ねている、ともいえる。

Date: 2月 14th, 2015
Cate: 単純(simple)

シンプルであるために(ミニマルなシステム・その14)

CHORDのHUGO単体では荷が重いと思われるスピーカーはいくつもある。
そういうスピーカーのほうが、いまは多い。

そういうスピーカーを鳴らそうとしたら、なんらかのアンプが必要になる。
パワーアンプを一台用意すれば、レベルコントロールはHUGOでできるから、それで事足りる。

この場合のパワーアンプは、いわば必要なモノであるから、
HUGO、パワーアンプ、スピーカーというシステムは、最小である。
つまりはミニマルなシステムということになる。

それは頭ではわかっていることであっても、
心情的には(あくまでも私ひとりの心情として)、
パワーアンプを用意しなければ鳴らないスピーカーをもってくる時点で、もうミニマルとは感じない。

低能率の小型スピーカーを鳴らすために、
このスピーカーの何倍も大きく、重く、出力も数100W以上あるようなパワーアンプをもってきたら、
それは過剰すぎるという意味で、ミニマルなシステムとはいえなくなる。

でもそうでなくて、サイズ的にも出力としても必要な分だけの規模のパワーアンプであれば、
やはりそれはミニマルなシステムとなる。
でもくり返すが、それをミニマルとは心情的に納得し難い。

私に同意される人もいると思うし、パワーアンプを用意してもミニマルだろう、という人もいる。

私と同じようにミニマルを捉えてしまうと、
スピーカーの選択がかなり制約を受けてしまうことになる。

過剰すぎないパワーアンプを用意することまではミニマルと捉えれば、
スピーカーの選択に特に制約は生じなくなる。

Date: 2月 5th, 2015
Cate: 単純(simple)

シンプルであるために(ミニマルなシステム・その13)

ワディアのPower DACはシンプルなのかミニマルなのか、について考える前に、
もう一度CHORDのHUGOについて考えてみたい。

HUGOというD/Aコンバーター/ヘッドフォンアンプをどう捉えるのか。
ヘッドフォンアンプとしてのみ使用している人にとっては、
D/Aコンバーター内蔵のヘッドフォンアンプであり、
このジャンルの機器として見れば、とくにシンプルとかミニマルという印象は受けないだろう。

私がこの項を書こうと思ったのは、HUGOでスピーカーを鳴らしているのを聴いたからだ。
こうなるとHUGOへの印象はまるで違ってくる。

なんとミニマルなモノだろう、と思うし、
これでスピーカーのあれこれを鳴らしてみたい、とも思った。

一月のCESではHUGO TTという、
同コンセプトながら筐体がふたまわりほど大きくなったモデルが発表になった。
価格はHUGOの二倍ほどするようだ。

HUGO TTでスピーカーを鳴らすシステムも、私にはミニマルなシステムということになる。

HUGOがスピーカーを鳴らせるといっても、私はできればフルレンジを鳴らしたい。
マルチウェイのスピーカーシステムであっても、複雑なネットワークを使わずに、
簡素なネットワークで構成されたスピーカーシステムならば鳴らしてみたい。

ダイヤトーンの2S305はどんな感じで鳴ってくれるのか、
JBLの4311はどうだろう、とか、想像している。

間違ってもネットワークの構成素子数の多さを誇っているスピーカーシステムを鳴らしたいとは思わない。
その手のスピーカーを鳴らすには、きちんとアンプを用意する。

そうなればD/AコンバーターとしてHUGOを使ったとしても、もうミニマルなシステムではなくなる。

ということは、ミニマルという印象はHUGO単体が醸し出しているのではなく、
それをどう使ってみようか、という使い手側に潜んでいるということになるのか。

Date: 1月 25th, 2015
Cate: 単純(simple)

シンプルであるために(ミニマルなシステム・その12)

D/A変換を行うLSIは、電流出力型が多い。
そのためアナログ回路はI/Vコンバーターと呼ばれる電流入力型となっている。
Iは電流、Vは電圧を意味している。

出力で電流であるならば、その出力に抵抗を一本おくだけでも電圧変換はできる。
電流×抵抗=電圧だからである。
この抵抗にコンデンサーを並列に接続すれば高域においてインピーダンスが低下していくため、
ハイカットフィルターを形成することもできる。

D/Aコンバーターの自作例にも抵抗によるI/V変換は見られるし、
いまはどうなのかわからないが、昔はメーカー製にもそういう仕様のモノがあった。

一般的にI/V変換は、反転アンプで行う。
それも入力抵抗を省いた反転アンプである。
I/V変換というくらいなので、この回路は電圧増幅である。

ワディアのPower DACはこのI/V変換を、いわばI/W変換といえる回路構成にしている。
Iは電流、Wは電力となる。

こうすることでデジタルだけの再生であればシステム全体の構成を簡略化できる。
ずいぶんな簡略化である。

ただこのままではレベルコントロールができないため、
デジタル信号処理によるレベルコントロールを行う必要があり、そのための回路もいる。

とはいえ、システム全体の簡略化ははかれる。
そうすれば、ミニマムなシステム展開をワディアはやろうと思えばやれた。

だがワディアは、それを目指していたように感じられない。
別項で書いているLINNがEXAKTで提示してきたところを、ワディアも目指していたのではない。

いまのワディアに関してはわからないが、
少なくともPower DACを開発していたころのワディアは、
LINNとは違うところをPower DACで目指していたはずだ。

Date: 1月 23rd, 2015
Cate: 単純(simple)

シンプルであるために(ミニマルなシステム・その11)

その9)で、Wadia 5とWadia 390 + Wadia 790のトランスの数を書いている。
気づかれている方もおいでであろうが、Wadia 5の二基、Wadia 790の五基は片チャンネルの数でしかない。
両チャンネルとなるとWadia 5は四基、Wadia 390 + Wadia 790は十一基となる。

単体のD/Aコンバーターとパワーアンプ、あいだにフェーダーをいれて使うとしよう。
このときのトランスの数はいくつになるか。
パワーアンプがモノーラルであれば、最低で三基である。

D/Aコンバーターが、デジタル部とアナログ部の電源回路を電源トランスからわけたとして、計四基。
Wadia 390 + Wadia 790の十一基という数は、
オーディオマニアとしては、そこまで徹底して分離してくれた、と嬉しくもなるが、一方で疑問も生じてくる。

そこまで電源トランスをわけるくらいなら、筐体を分けた方がずっとスマートに思える。
ワディアのPower DACはD/Aコンバーター内蔵のパワーアンプなのか。
ワディアはD/Aコンバーターをつくりたかったのか。

Power DACというコンセプトはWadia 5もWadia 390 + Wadia 790も同じである。
けれど何かが決定的に違っているようにも感じる。
そのことが、Wadia 5にミニマルな印象を受け、
Wadia 390 + Wadia 790にはミニマルという印象はほとんど受けないことにつながっているのではないか。

ステレオサウンド 133号の三浦孝仁氏の記事を読むと、
ワディアの創設者であるドン・ワディア・モーゼスが数年前に健康上の理由からワディアデジタルを去った、とある。
古参のエンジニアもほとんどいない、ともある。

この数年前がいつなのかは書いてない。
なのでてっきりWadia 5の開発は創設者が関わっていて、
Wadia 390 + Wadia 790には関わっていないのではないか、とさえ思った。

けれど三浦孝仁氏によるステレオサウンド 99号のワディア訪問記を読むと、すでに引退したとある。
そうなると開発者が入れ替わったから、Wadia 5からWadia 390 + Wadia 790への変化があった、といえない。

Date: 1月 22nd, 2015
Cate: 単純(simple)

シンプルであるために(ミニマルなシステム・その10)

ノイズ対策を徹底化することは、現代オーディオ機器の必須条件ともいえる。
内部、外部両方からのノイズに対して、どう対処するのか。

完全にノイズを遮断することは、オーディオ機器だけでは不可能である。
ゆえにノイズを遮断しながらも、それでも混入してくるノイズを除去するとともに、
あるレベルではノイズとうまく共存していく方法をさぐっていく必要もある。

Wadia 790の筐体内にある五基のトランスは、
ステレオサウンド 133号の三浦孝仁氏の解説が正しければ、
コントロール系、D/Aコンバーターのデジタル部、D/Aコンバーターのアナログ部、
ドライバー段、出力段で電源トランスは独立していて、八基のチョークコイルも採用されている。

三浦孝仁氏の解説では、チョークインプットコイルとなっている。
これは技術的にはおかしな表現である。
チョークコイルを採用した電源方式には、
コンデンサーインプットとチョークインプットのふたつがある。

チョークインプットコイルと書いてしまうと、
部品の名称と平滑方式の名称をいっしょくたにしてしまっている。

それから三浦孝仁氏は「PA85というAPHEX社製のディバイス」と書かれているが、
APHEXではなくAPEXである。

おそらくワディアの当時の輸入元であったアクシスからの資料をそのまま引用されたためであろう。
話がそれてしまうが、ステレオサウンド 133号の奥付をみると、
編集長、編集デスクをふくめて、編集者は五人いる。
誰も、この間違いに気がつかなかったのだろうか。
輸入元の資料だから、と鵜呑みにしてしまったいたのだろうか。

APHEXかAPEXかは、調べればすぐにわかることである。
133号は1999年12月発行で、いまほどインターネットが普及していないとはいえ、
技術に多少なりとも詳しい人が編集部にひとりいれば、わかったことである。

ステレオサウンドは100号で、Wadia 5の見出しに、
ワディアが放つエポックメイキングな新カテゴリー、
と書いている。

ステレオサウンドのワディアのPower DACへの監視の高さは、133号の記事でもうかがえる。
だから十分なページ数を確保しての記事となっているにも関わらず、細部の詰めがあまさがどうしても気になる。

Date: 1月 21st, 2015
Cate: 単純(simple)

シンプルであるために(ミニマルなシステム・その9)

アルパイン・ラックスマンのD/Aコンバーター内蔵のプリメインアンプLV109が登場した時、
D/Aコンバーターを内装することのメリットよりもデメリットを問題にする人が多かったように憶えている。

CDプレーヤーが世に現れて、わりとすぐにCDプレーヤーが発生源であるノイズが問題になってきた。
すこしでもその影響を取り除くために、CDプレーヤーの電源は、
アンプとは違うコンセントから取ることがオーディオ雑誌にも載るようになっていった。

アンプにD/Aコンバーターが内蔵されることは、ノイズ発生源をアンプの中につくることでもある。
当然、その影響は別筐体のCDプレーヤーよりも大きくなる、ともいえる。

メーカーもデメリットはわかっているから、
ノイズ対策を施していることをカタログに謳う。
それでも完璧なノイズ対策は不可能である。

結局はメリットとデメリットを測りにかけて……、ということになり、
その判断はメーカーによって違ってもくる。

ステレオサウンド 100号で紹介されたWadia 5の電源トランスは、
円筒型の筐体の底に大型のトロイダルトランスが一基、その上に平滑コンデンサー、
この上部にも小型のトロイダルトランスがある。

ステレオサウンド 133号紹介のWasia 390 + Wadia 790では、
コントローラー部のWadia 390に一基、本体のWadia 790に五基と驚くほど増えている。
すべてトロイダル型である。

おそらくWadia 5でも巻線はデジタル/アナログで独立していたと思われる。
それでもノイズ対策の徹底化を図るには電源トランスから分離した方がより確実で効果的である。

Wadia 5の開発で、ノイズの問題をどう処理するのか。
その答がWasia 390 + Wadia 790の六基の電源トランスといえる。

徹底するにはここまでやるしかないわけだが、
同時にPower DACという形態をとる必要性の希薄化を生じさせているのではないか。

Date: 1月 18th, 2015
Cate: 単純(simple)

シンプルであるために(ミニマルなシステム・その8)

ワディアのPower DACは、オーディオ機器としてパワーアンプなのか、D/Aコンバーターなのか。
ワディアはPower DACと呼んでいるのだから、D/Aコンバーターの一種として開発したモノともいえる。

ステレオサウンド 133号のベストバイでは、Wadia 390 + Wadia 790はパワーアンプとして扱われている。
コンポーネンツ・オブ・ザ・イヤー賞でもパワーアンプとして受賞している。

ということはPower DACはD/Aコンバーター内蔵パワーアンプということになり、
そう捉えてみると、類似のオーディオ機器は以前からあることになる。

アルパイン・ラックスマンがD/Aコンバーター内蔵のプリメインアンプLV109を1986年に出している。
LV109にはフォノイコライザーは搭載されていなかった。
アナログディスク再生用にLE109が用意されていた。

入力はライン入力とデジタル入力のみのLV109は、
アルパイン・ラックスマンがもしPower DACだと呼んでいれば、Power DACと受けとめただろうか。
そんなことはなかったはず。
アルパイン・ラックスマンがどう呼称しようと、LV109はプリメインアンプであった。
デジタル入力を備えるプリメインアンプである。

ならばワディアのWadia 5はD/Aコンバーター内蔵のパワーアンプとして認識すべきである。
Wadia 390 + Wadia 790はコントローラーが別筐体ではあるものの、
やはりD/Aコンバーター内蔵のパワーアンプということになり、
ステレオサウンドのベストバイ、コンポーネンツ・オブ・ザ・イヤーのジャンル分けは間違っていない。

このことはWadia 5がステレオサウンド誌上に現れた時に考えたことだ。
アナログ入力のない、デジタル入力だけのパワーアンプである、と。

それでも私のなかでは、Power DACという認識である。
つまり8Ω負荷で200Wの出力をもつD/Aコンバーターである。

このことがシンプルについて考えていく上で、ずっと引っかかっていることであり、
シンプル(simple)とミニマル(minimal)の違いを、
オーディオにおいてよりはっきりさせていくように感じている。