Date: 7月 22nd, 2018
Cate: ジャーナリズム

オーディオにおけるジャーナリズム(リーダーとマネージャー、それに組織・その2)

スイングジャーナルの1980年3月号に、
「質の時代に入るか! オーディオ界」という菅野先生と瀬川先生の対談が載っている。
     *
瀬川 また、話しは前後してしまいますが、こうした技術とセンスのバランスがあたり前のような世の中になっても、まだ聴いても測定しても相当おかしなスピーカーが新製品として平気で出てくること自体が分らない(笑)。
菅野 それは、何と言っても組織のもたらす影響が大きいんですよ。組織がなければ、現代企業の発展はないのだけれど、起業、組織といったものは必ずしもプラスばかりに働かない。特に、こうしたオーディオ機器と作るというものは、非常に組織化しにくいものなんですね。特に編集部なんぞは管理しきれない(笑)。
     *
編集部というくらいだから、ひとつの、それほど大きくない組織である。
いろんな雑誌があって、いろんな編集部があるわけだが、
とりわけオーディオ雑誌の編集部は管理しきれないのだったのだろう、
この対談が行われた40年ほど前は。

管理しきれないからこそ、マネージャーではなく、リーダーが必要なのだろう。
けれど、これは40年ほど前の話である。
いまのオーディオ雑誌の編集部がそうだ、とは私はまったく思っていない。

Date: 7月 22nd, 2018
Cate: 現代スピーカー

現代スピーカー考(その36)

この項は、このブログを書き始めたころは熱心に書いていたのに、
その35)を書いたのは、三年半ほど前。

ふと思いだし、また書き始めたのは、
ステレオサウンド 207号の特集が「ベストバイ・スピーカー上位49モデルの音質テスト」だからだ。

ステレオサウンドでの前回のスピーカーシステムの総テストは187号で、五年前。
ひさびさのスピーカーシステムの総テストであるし、
私もひさびさに買ったステレオサウンドだった。

49機種のスピーカーシステムの、もっとも安いモノはエラックのFS267で、
420,000円(価格はいずれもペア)。
もっとも高いモノは、YGアコースティクスのHailey 1.2の5,900,000円である。

どことなく似ているな、と感じるスピーカーシステムもあれば、
はっきりと個性的なスピーカーシステムもある。

使用ユニットもコーン型は当然として、ドーム型、リボン型、ホーン型、
コンデンサー型などがあるし、
ピストニックモーションが主流だが、ベンディングウェーブのスピーカーもある。

これら49機種のスピーカーシステムは、
いずれも半年前のステレオサウンドの特集ベストバイの上位機種ということだから、
人気も評価も高いスピーカーシステムといえる。

その意味では、すべてが現代スピーカーといえるのか、と思うわけだ。

いったい現代スピーカーとは、どういうものなのか。
それをこの項では書こうとしていたわけだが、過去のスピーカーシステムをふり返って、
あの時代、あのスピーカーは確かに現代スピーカーだった、といえても、
現行製品を眺めて、さぁ、どれが現代スピーカーで、そうでないのか、ということになると、
なかなか難しいと感じている。

Date: 7月 22nd, 2018
Cate: 真空管アンプ

五極管シングルアンプ製作は初心者向きなのか(その21)

その19)で、
《他人(ヒト)とは違うのボク。》
と書いた。

スピーカーにしろアンプにしろ、自作の理由、大義名分は、
他人とは違うのボクを求めて、であって、これを否定できる人はいるのだろうか。

私だってそれはある。
その一方で伊藤先生のアンプそっくりのモノを作りたい、という気持があるのは、
まったく矛盾していない、と感じることもある。

伊藤アンプをそっくりに作れるようになったとして、
それのどこが「他人と違うのボク」ということになろうが、
伊藤アンプと呼べるアンプを作れるようになることこそが、
「他人とは違うのボク」といえるレベルになるということである。

真空管アンプを自作する人の中には、珍しい真空管、
手に入りにくい真空管、誰も使ってなさそうな真空管で、
アンプを構成することを楽しみにしている人がいる。

確かにこれも「他人と違うのボク」であり、もっともわかりやすい「他人と違うのボク」である。
そういう人にとっては、EL34のような球はポピュラーすぎて、
使う気にもならないのかもしれない。

真空管アンプで鳴らしています。
出力管は何ですか。
EL34です。
……。

こんな会話がなされているかもしれない。
EL34が出力管ということで、話が止ってしまうことだってある。
そのくらいEL34のアンプは多い。

EL34でも、マランツのModel 2、Model 9を使っている、といえば、
会話も別の方向に弾んでいくだろうが、
自作アンプとなると、そうでもなかったりしよう。

「他人と違うのボク」をEL34では満たさない──。
300Bの刻印ならば満たされるのか、Edならばいいのか。

Date: 7月 22nd, 2018
Cate: ケーブル

ケーブルはいつごろから、なぜ太くなっていったのか(BTSの場合・その5)

いまは違ってきているが、昔はプロ用機器はインピータンスマッチングが前提だった。
それに対しコンシューマー用機器は、
送り側のインピーダンスは低く、受け側のインピーダンスは、
送り側のインピーダンスよりも十分に高い値にするのが前提である。
いわゆるロー送りハイ受けである。

ところでMM型カートリッジの場合このインピータンスマッチングはおろか、
ロー送りハイ受けにもなっていないことに気づいたときは、
やはり驚いた。

国産アンプのPHONO入力はたいていは47kΩだった。
海外製は50kΩ(中には49.9kΩと細かく表示しているモノも)が多かった。

プレーヤーに付属していたカートリッジに慊らず、小遣いを貯めて買ったエラックのSTS455Eだと、
20kHzでのインピーダンスはアンプの入力インピーダンスよりも高くなっている。
これではロー送りハイ受けどころか、ハイ送り(若干)ロー受けとなっている。

STS455Eの実測データをみると、
33kΩ、47kΩ、100kΩでは2kHz以上の周波数特性に違いがある。
同じエラックでもCD4対応のSTS655-D4だと、このへんは違ってくる。

STS655-D4は4チャンネル対応ということなのだろうが、
コイルの直流抵抗は652Ω、インダクタンスは216mHとSTS455Eの約1/2であり、
20kHzのインピーダンスも27kΩと低いこともあって、
受け側のインピーダンスを変化させても、周波数特性の違いはわずかである。

それはアンプの入力容量をかえてもSTS455Eは変化量が大きいが、
STS655E-D6は小さい。

カートリッジの負荷抵抗は、共振周波数のQに関係してくる。
カートリッジの負荷容量は、共振周波数に関係してくる。

どちらも内部インピーダンスの高いカートリッジ、
つまりコイルの直流抵抗とインダクタンスがともに高いカートリッジほど、
負荷抵抗、負荷容量の影響が大きく出る。

Date: 7月 21st, 2018
Cate: 複雑な幼稚性

「複雑な幼稚性」が生む「物分りのいい人」(試聴における再現性の重要性)

井上先生からよくいわれたことのひとつに、再現性がある。
再現性というと、音楽の再現性といった意味にとられがちだが、
ここでの再現性とは、いわゆる実験の再現性と同じ意味での、試聴の再現性である。

あるオーディオ機器を試聴。
その試聴記が誌面に載る。
その製品のメーカー(輸入元)から、クレームが来た、とする。

その場合、どうするか。
ステレオサウンドの試聴室に来てもらい、
その製品を聴いたときの状況をできるだけ再現して、
試聴記の元になった音を、もう一度再現し、メーカー(輸入元)の人に聴いてもらう。
そうやって納得してもらう。

その重要性をくり返しいわれていた。
結局、言葉よりも、オーディオの世界なのだから、音が重要となる。
そのためには、同じ状況を高い再現性で何度もくり返せるだけのセッティングの確かさが必要となる。

同じ器材、同じ部屋、同じプログラムソースを鳴らしているのに、
セッティングするたびに、音が違っていては、誰も説得・納得させてることはできない。

その再現性が高さを身につければ、たいていのクレームには対処できる──、
そう井上先生はよく言われていたし、
そのために必要なことを井上先生から学ぶことができた。

Date: 7月 21st, 2018
Cate: 楽しみ方, 老い

オーディオの楽しみ方(天真爛漫でありたいのか……・その3)

四年前の「続・モーツァルトの言葉(その3)」で、
ネクラ重厚、ネアカ重厚、ネクラ執拗、ネアカ執拗といったことを書いた。

ネアカ重厚、ネアカ執拗で、オーディオ(音)に取り組んでいるつもりだが、
ネクラ重厚ではなく、ネクラ軽薄もあるように、
別項の「時代の軽量化」を書き始めて、思うようになった。

このネクラ軽薄が、(その2)でふれた「深刻ぶっているね」にも関係しているような気がする。

Date: 7月 21st, 2018
Cate: 複雑な幼稚性

「複雑な幼稚性」が生む「物分りのいい人」(その52)

また話が逸れていくのか、と思った人もいようが、
今回の件をはっきりさせるためには必要なことであるし、
広告とオーディオ雑誌については、
多くの人が考えているような関係よりも、問題は別のところにある、
と私は感じていて、そのことは別項で書く予定だ。

今回の件、
ステレオサウンド 207号の柳沢功力氏のYGアコースティクスのHailey 1.2の試聴記だが、
これについて輸入元のアッカが編集部に対してクレームを入れているわけではない。

avcat氏という、一人のオーディオマニアが、自身のtwitterで、
柳沢功力氏の試聴記に対しての不満をツイートしただけである。

柳沢功力氏の試聴記に不満を感じて、
それに対してツイートするのはかまわない。
個人の自由である。

それにavcat氏は、一人のアマチュアであるのだから、
その行為について否定的であったり、批判したりはしない。

ただ、そのツイートが偏った、幼いものだとは思ったけれど、
だからといって、ツイートするのも自由だし、私がとやかくいうことではない。

この件について書いたものを読まれている人の中には、
avcat氏という一人の読者が、編集部に対してゴリ押ししたように捉えている人がいるようだが、
ゴリ押しではないだろう。

ツイートは、あくまでも個人のつぶやきのようなものだし、
avcat氏はアマチュアなのだから、そう捉えるのはいかがなものか。

avcat氏のツイートは、ステレオサウンドへのクレームなわけではない。
avcat氏とステレオサウンドの染谷一編集長は顔見知りのようだから、
avcat氏は、染谷一編集長が読んでいることを念頭に書いているとは思う。

それでもツイートはツイートだし、ステレオサウンドへの直接のクレームではない。
なのに染谷一編集長は、すばやく反応しての謝罪である。

私が問題にしているは、この点であり、
そこでの謝罪の際にavcat氏に伝えたことである。

この問題はいろいろなことと関係してくるため、かなり長くなっている。
だから、このことは、もう一度はっきりとしておく。

Date: 7月 21st, 2018
Cate: 複雑な幼稚性
1 msg

「複雑な幼稚性」が生む「物分りのいい人」(その51)

オーディオ雑誌だけでなく、雑誌という形態は広告があるから成り立っている。
広告収益の方が多いのも事実だ。

だから、雑誌は広告主に逆らえない、という主張する人たちが出てくる。
短絡的に考えれば、そう思えるだろう。

でも、少しだけ深く考えてみてほしい。
メーカーや輸入元が出す広告費はどうやって得ているのか。

メーカーや輸入元が取り扱っている製品が売れるからである。
その製品を買っている人がいるからであり、
その買っている人の多くは(少なくともブームのころは)、
オーディオ雑誌の読者である。

このことを考えほしいわけだ。
もちろんブームが去って、オーディオ雑誌の売行きが落ちる。
なぜ落ちているのか。

ブームが去って、ブームに乗せられているだけの人がいなくなった、
それに人には寿命があるから、ずっとオーディオを趣味として来た人もこの世を去る。
まだ生きているし、オーディオマニアであっても、
私のようにオーディオ雑誌を買わなくなった人もいる。

いろいろな理由があって、オーディオ雑誌の売行きは落ちている。
広告もはっきりと減っている。

広告を出す側も、広告をもらう側も運命共同体である。
片方だけの力が強ければ、すぐさま衰退していく。
製品を買う人が極端に減ってしまえば、どうなるかは書くまでもない。

広告が載っているデメリットは、確かにある。
けれど、メーカー、輸入元にとって都合のいい記事ばかりで、
オーディオ雑誌の誌面が埋め尽くされたら、読者はどう感じるか。

実際、そう思えるオーディオ雑誌がある。
そんなオーディオ雑誌を買って読んでいる人もいるのも事実だ。
全体的にそうなりつつあるのも否定しない。

それでも、一部の人が考えているような、
オーディオ雑誌は、メーカー、輸入元に絶対に逆らえない、なんてことはない。

メーカー、輸入元だって、
そんなことをすれば自分たちの頚を間接的に絞めることになるのはわかっている。

自分のところだけよければ……、そういう会社もあるだろうが、
長続きはしないのではないか。

どんな経営者であれば、長く会社をやってきている者であれば、
ぎりぎりのバランスのところは感じている、と思う。

そんな擁護するようなことを書きたくなるほど、
本の編集を軽く見過ぎている人たちがいる。

そういう人たちが言いたいこともわかる。
その傾向は強くなっている。

それでも、まだ良い方向に向うのではないか、と思うからこそ、
こうやってブログを書いているともいえる。

Date: 7月 21st, 2018
Cate: 複雑な幼稚性

「複雑な幼稚性」が生む「物分りのいい人」(その50)

ほんとうに、ステレオサウンドの編集長が謝罪して事を丸くおさめる。
そのことは誌面には載らず……、である。
そんなことは昔から行われてきたのだろうか。

読者側からだけの視点ではそんなことがけっこうあるんだろうな、と思いがちになる。
けれどメーカー側、輸入元側の立場に立って想像してほしい。

自社取り扱いの製品が、ステレオサウンドで低い評価となった。
その低い評価を、確かにそうだな、と受けとめる会社(担当者)もいれば、
不当な評価だと受けとめるところもある。

不当な評価といっても、ほんとうに不当かどうかは関係ないわけで、
メーカー側、輸入元側がそう思ったら不当な評価となることもある。

とにかく不当な評価だとメーカー、輸入元が思ったら、
どういう態度をとるだろうか。何を要求するだろうか。

編集長が謝罪に来て、それで事がおさまるか。
すでにステレオサウンド誌上に、低い評価が載っている。
メーカー、輸入元からしたら、それを取り消してほしいわけだ。

編集長がどんなに謝罪したところで、
それが表に出なければ、メーカー、輸入元の求めることとは違う。

特に特集での総テストでの低い評価の製品が、
その後のステレオサウンドに登場し、高い評価を得るということはあっただろうか。

あったとして、読者が二度目の評価を信じるだろうか。

メーカー、輸入元からしたら、なんらかの形で低い評価は間違っていたことを、
読者に示してほしい。

ステレオサウンドでの低い評価に対して、メーカー、輸入元から不当な評価だとクレームが来る──。
そんなことがまったくなかったとは私だって思っていない。

けれどそれらクレームに対して、編集長が謝罪していたとは考えにくい。
実際にそういうことがあって、編集部がつっぱねた例も知っている。
どのメーカーなのかも聞いている。

雑誌はメーカー、輸入元から広告をもらっているし、
製品の貸し出しも受けているから、絶対に逆らえない、という人がけっこういる。
そう信じたければ、それは個人の自由である。

Date: 7月 20th, 2018
Cate: 「オーディオ」考

時代の軽量化(その4)

ふと思うことがある。
オーディオ雑誌の編集者は、
なかば意識的に、なかば無意識的に、時代の軽量化を願っているのかもしれない、と。

なぜなら、その方が楽になるからだ。
表面的な頭の使い方だけで、見映えのよい本ができあがるからだ。

勘ぐりすぎかな、と自分でも思うけれど、
そう思えてしまうことが度々ある。

片側の視点、偏りすぎた視点しか持たない読み手を育てたのも、
時代の軽量化を願っている編集方針だとしたら、うまく進行している、といえるのだろう。

Date: 7月 20th, 2018
Cate: 複雑な幼稚性

「複雑な幼稚性」が生む「物分りのいい人」(虚実皮膜論とオーディオ・追補)

スイングジャーナルの1980年ごろの、どこかの号で、
瀬川先生と菅野先生との対談のなかに、虚実皮膜論が出てくる、との話を聞いた。

図書館に行かねば。

Date: 7月 20th, 2018
Cate: 映画

ストリート・オブ・ファイヤー(明日から再上映)

1984年の映画「ストリート・オブ・ファイヤー(Streets of Fire)」が、
明日(7月21日)からデジタルリマスター、5.1チャンネル版で再上映される。

「ストリート・オブ・ファイヤー」については、
昨年12月、今年4月にも書いている。

超大作でもないし、アメリカではあまりヒットしなかった、とも聞いている。
三部作の予定だったのが、アメリカでの不振で続編は制作されなかった。

そんな映画には見向きもしない人たちがいるけれど、
この映画のことを、いまも何かのきっかけで熱く語る人もいる。

そういう人がいるから、34年も経っての再上映だと思っている。

Date: 7月 20th, 2018
Cate: 複雑な幼稚性

「複雑な幼稚性」が生む「物分りのいい人」(その49)

ステレオサウンド 57号での結果に、オーレックス側から編集部にクレームは来たのか。
57号は1980年12月発売で、私はまだ読者だった。
どうだったのかはわからないが、
58号に「No.57プリメインアンプ特集・追加リポート」という一ページの記事がある。

これは24号の「本誌23号の質問に対する(株)日立製作所の回答」とは違い、
目次にもきちんと載っている。

「No.57プリメインアンプ特集・追加リポート」は編集部原稿である。
冒頭には、57号での測定結果に対して、多くのユーザーから編集部に問合せがあった、と。

なので編集部は秋葉原のオーディオ店でSB-Λ70を購入。
さらに東芝商事から、別のSB-Λ70を借りて、再測定を行っている。
結果はクリーンドライブの効果が見られる。

結果として、57号でのSB-Λ70は《何らかの原因で異常をきたしていたものと判断される》とある。
最後にはクリーンドライブによる音の差もはっきりと聴き分けられた、ともある。

ただしオーディオ評論家による試聴ではなく、ステレオサウンド編集部による試聴である。

今回、58号の記事を読み返して気づくのは、
編集部に問い合せたのは、読者ではなくユーザーとある点だ。

58号当時も、私はオーレックスからクレームが来たんだろうな、と思って読んでいた。
いまも、もちろんそう読めるわけだが、読者とせずにユーザーとしたところに、
編集部の何かを感じとれる。

二例をあげた。
他にももっとあるんじゃないか、と勘ぐる人もいるはずだ。

だがメーカー、輸入元にとって、ステレオサウンド編集部にクレームを入れるということは、
編集長が謝罪すればそれで済むということではないはずだ。

編集長の謝罪よりも、ステレオサウンドの誌面に訂正記事が載ることを、まず望むのではないか。

Date: 7月 20th, 2018
Cate: 複雑な幼稚性

「複雑な幼稚性」が生む「物分りのいい人」(その48)

ステレオサウンド 57号の特集はプリメインアンプの総テストだった。
試聴だけでなく測定も行われていた。

このころスピーカーケーブルによる音質への影響を減らすために、
トリオはΣドライブ、オーレックスはクリーンドライブ、
といった技術をプリメインアンプに搭載していた。

スピーカーケーブルまでもアンプのNFBループに入れてしまう技術である。
測定は当然、ノーマル状態とそれぞれの機能をオンにした状態で行われている。

Σドライブは測定結果にその違いが出ていた。
つまり効果があった。
試聴記にも、その効果にについては書かれていた。

トリオのKA800の瀬川先生の試聴記の一部である。
     *
まずスピーカーコードを2本のまま(一般的な)接続では、これといった特徴のない、わりあい平凡な音がする。そこで4本の、トリオの名付けたシグマ接続にしてみる。と、一転して、目のさめるように鮮度が向上する。いわゆる解像力が良い、というのだろうか、とくにポップス系の録音の良いレコードをかけたときの、打音の衝撃的な切れこみ、パワー感の凄さにはびっくりさせられる。
     *
オーレックスのSB-Λ70はどうだったのか。
     *
クリーンドライブというキャッチフレーズ通り、たいへんきれいな音。トータルバランスはいくぶん細みで、ややウェットなタイプということができる。低域や高域を特に強調するというタイプではなく、その点いくぶん、中域の張った音と聴こえなくもないが、全帯域にわたって特に出しゃばったり引っこんだりというところはなく、バランスは整っている。
 このアンプの特徴であるクリーンドライブには、ON-OFFスイッチがついているが、いろいろなレコードを通じて切替えてみても、私の耳には気のせいかという程度にしかわからなかった。
(中略)
オーレックス独特のクリーンドライブをキャッチフレーズにする、スピーカーのマイナス端子からアンプにフィードバック・コードをつなぐ、3本接続の特殊な使いこなしを要求するアンプだが、私のテストに関する限り、クリーンドライブ接続の効果はあまり認められず、このためにスピーカーコードを3本にする必要があるかどうか、むずかしいところ。
     *
SB-Λ70の上級機SB-Λ77はどうだったのか。
こちらもそっけない。
     *
クリーンドライブとそうでない時の音の差はきわめてわずか。この差のために1本のよけいな配線の必然性については、やや首をかしげたくなる。
     *
SB-Λ70、SB-Λ77のアンプとしての、音質を含めた性能をどう捕えるかは人によって違ってくるだろうが、
少なくとも売りのひとつであるクリーンドライブは、測定でも試聴でもあまり効果がないと57号は伝えていた。

Date: 7月 20th, 2018
Cate: 複雑な幼稚性

「複雑な幼稚性」が生む「物分りのいい人」(その47)

その46)にfacebookでコメントがあった。

ステレオサウンドの編集長が謝罪して事を丸くおさめる。
そのことは誌面には載らず……、である。
そんなことは昔から行われてきた、と思っている、とコメントにはあった。

やはり、そう思われているわけだ。
そう思っている、と言葉にして伝えてくれた人はいまのところ二人だけだが、
黙っているだけで、そう思っている人は他にも少なからずいる。

そう思っている人は、今回の件がなくとそう思っていた人もいることだろう。
以前からそう思っていた人は、やっぱりそうだった! となる。

ほんとうにそんなことは昔からずっと行われてきたことなのか。

かなり昔のことになるが、ステレオサウンド 24号の巻末に、一ページだけの記事がある。
354ページにある、その記事は、これは記事なのか、と思わせるものだ。

事実、目次にはその記事は載っていない。
となると、この記事は広告となるのか。

この記事のタイトルは、「本誌23号の質問に対する(株)日立製作所の回答」とある。
本誌23号の特集は「最新ブックシェルフスピーカー総まくり」、
ここでLo-D(日立製作所)のHS500が取り上げられている。

この記事の冒頭に、こう書いてある。
     *
 本誌では23号のブックシェルフ・スピーカー特集の記事中に、日立HSー500に関するテストリポート(245頁)のなかで次のような一節を掲載しました。
 ──このHSー500は発売された当時にくらべて最近のものは明らかに音質が変わってきている。この辺をメーカーに質問したいですね。──
 このリポートの質問事項に対して、株式会社日立製作所からこのほど次のような回答が寄せられましたので以下に掲載いたします。
     *
ようするに23号でのスピーカーの総テストにおける試聴記に対してのLo-Dからのクレームである。
この件は、これで終っているわけではない。

五年以上経った44号。
44号と45号は二号続けてのスピーカーの総テストである。
44号でも、Lo-DのHS530が取り上げられている。

そこでの瀬川先生の試聴記の書き始めである。
     *
 このメーカーの製品は、置き方(台や壁面)にこまかな注意が必要で、へたな置き方をして評価すると、このメーカーから編集部を通じてキツーイお叱りがくるので、それがコワいから、できるかぎり慎重に時間をかけてセッティングした……というのは冗談で、どのスピーカーも差別することなく、入念にセッティングを調整していることは、ほかのところをお読み下さればわかっていただけるはず。
     *
24号当時、ステレオサウンド編集部、瀬川先生、Lo-Dとのあいだで、
どういうやりとたが行われたのかはわからない。
けれど、少なくとも誌面に、その一部は載っている。

これで事が丸くおさまったのかどうかもわからない。
わかるのは記事に対してメーカーからクレームがあり,
そのことに対しての回答を次号で掲載している、ということであり、
さらには五年経って、それとなく書く筆者(瀬川先生)がいた、ということである。