Archive for category 情景

Date: 2月 11th, 2017
Cate: 情景

続・変らないからこそ(その4)

グラシェラ・スサーナの歌で浮ぶ情景に変りがない、ということは、
その情景は、私にとって郷愁なのか。

郷愁ならば、変らぬことに新鮮さを感じたりはしないはずだ──、
と思いつつも、五味先生が書かれていることを思い出している。
     *
 野口邸へは安岡章太郎が案内してくれた。門をはいると、玄関わきのギャレージに愛車のロールス・ロイス。野口さんに会うのはコーナー・リボン以来だから、十七年ぶりになる。しばらく当時の想い出ばなしをした。
 リスニング・ルームは四十畳に余る広さ。じつに天井が高い。これだけの広さに音を響かせるには当然、ふつうの家屋では考えられぬ高い天井を必要とする。そのため別棟で防音と遮音と室内残響を考慮した大屋根の御殿みたいなホールが建てられ、まだそれが工築中で写真に撮れないのが残念である。
 装置は、ジョボのプレヤーにマランツ#7に接続し、ビクターのCF200のチャンネルフィルターを経てマッキントッシュMC275二台で、ホーンにおさめられたウェスターン・エレクトリックのスピーカー群を駆動するようになっている。EMT(930st)のプレヤーをイコライザーからマランツ8Bに直結してウェストレックスを鳴らすものもある。ほかに、もう一つ、ウェスターン・エレクトリック594Aでモノーラルを聴けるようにもなっていた。このウェスターン594Aは今では古い映画館でトーキー用に使用していたのを、見つけ出す以外に入手の方法はない。この入手にどれほど腐心したかを野口さんは語られた。またEMTのプレヤーはこの三月渡欧のおりに、私も一台購めてみたが、すでに各オーディオ誌で紹介済みのそのカートリッジの優秀性は、プレヤーに内蔵されたイコライザーとの併用によりNAB、RIAAカーブへの偏差、ともにゼロという驚嘆すべきものである。
 でも、そんなことはどうでもいいのだ。私ははじめにペーター・リバーのヴァイオリンでヴィオッティの協奏曲を、ついでルビンシュタインのショパンを、ブリッテンのカルュー・リバー(?)を聴いた。
 ちっとも変らなかった。十七年前、ジーメンスやコーナーリボンできかせてもらった音色とクォリティそのものはかわっていない。私はそのことに感動した。高域がどうの、低音がどうのと言うのは些細なことだ。鳴っているのは野口晴哉というひとりの人の、強烈な個性が選択し抽き出している音である。つまり野口さんの個性が音楽に鳴っている。この十七年、われわれとは比較にならぬ装置への検討と改良と、尨大な出費をついやしてけっきょく、ただ一つの音色しか鳴らされないというこれは、考えれば驚くべきことだ。でもそれが芸術というものだろう。画家は、どんな絵具を使っても自分の色でしか絵は描くまい。同じピアノを弾きながらピアニストがかわれば別の音がひびく。演奏とはそういうものである。わかりきったことを、一番うとんじているのがオーディオ界ではなかろうか。アンプをかえて音が変ると騒ぎすぎはしないか。
     *
オーディオ巡礼の一回目、野口晴哉氏のリスニングルームを訪問されたときの文章である。

Date: 2月 10th, 2017
Cate: 情景

続・変らないからこそ(その3)

それにしてもグラシェラ・スサーナの歌によって私の心のなかに浮ぶ情景は、
これほどまでに変らないのだろうか。

最初に聴いたのは13歳だった。
それから四十年が経つ。

あのころはシングル盤でも聴いていた。
ミュージックテープ(カセットテープ)でも聴いていた。
LPでも聴いていた。

いまはCDで聴いている。

再生するシステムも大きく、何度も変っている。
鳴ってくる音はとうぜん、あの頃とは違う。

にも関わらず、グラシェラ・スサーナの歌を聴くと、同じ情景が浮ぶ。

歌を聴けば、必ずそうなるわけではない。
同じ曲を、別の歌手が歌ったのを聴いても、グラシェラ・スサーナとおなし情景は浮ばない。
違う情景が浮ぶ歌手もいれば、情景が浮ばない歌手もいる。

ここで書いているグラシェラ・スサーナの歌とは、日本語で歌われた歌のことである。
日本語だから──、というのは理由にならないのは、
情景が浮ばない歌手の歌もあるからだ。

Date: 8月 15th, 2015
Cate: 情景

続・変らないからこそ(その2)

あらゆる変化のなかで生きているからこそ、
変わらぬことの新鮮さ、変わらないからこそ新鮮、ということを教えてくれるモノ・コトは、
大切にしていかなければならない。

そんなことを2007年、グラシェラ・スサーナのコンサートに20年以上ぶりに行って感じた。
そのことを「変らないからこそ」に書いた。

そこで聴けた歌は、ずっと昔に聴けた歌とほとんど変らぬ歌であった。
とはいえすべてが同じだったわけではない。
細部には違いがあった。

それでも変らぬことの新鮮さを、そこで感じたのは、
グラシェラ・スサーナの歌によって私の心のなかに浮ぶ情景が変らぬからこそだったのかもしれない。

Date: 11月 11th, 2014
Cate: 情景

情報・情景・情操(8Kを観て・その6)

8Kをみて、今日までに数人に「8Kはすごい」という話をした。
きまって返ってくるのは「4Kで十分でしょう」といったものだった。

私が話をした人の中に、ホームシアターを趣味としている人はいなかった。
そのせいもあるだろうが、立場が反対で、もし私が「8Kはすごいよ」といわれたら、
やっぱり「4Kで十分でしょう」と答えている、と思う。

でも、私は8Kを観ている。
だから4Kを欲しいとは思わないけれど、8Kは本気で欲しい、と思っている。

けれど、それだけでは8Kのすごさを伝えるのは、
とくにホームシアターを趣味としていない人、8Kを観る以前の私のような人に対して、
どう伝えたらいいのか、と考えていた。

まず少し冷静に8Kの何が、4K以前と比べて格段に優れているのかを考えてみた。
とはいうものの、私が8Kを体験したのはオーディオ・ホームシアター展での一回のみで、
すごい、すごい、とやや昂奮気味に観ていたのだから、冷静に考えること自体が無理なのはわかっている。
それに映像に関しての専門知識も乏しい。

それでも、おそらく階調表現が4K以前よりも圧倒的に優れているのではないか、と思っている。
階調表現が8Kのレベルに達して、人はそれまでの映像とはあきらかに違うと認識しているような気がする。

Date: 10月 31st, 2014
Cate: 情景

情報・情景・情操(8Kを観て・その5)

テレビのいいモノは欲しい、という気持はいつもどこかにある。
FORIS.TVは、だから欲しい、と思った。サイズも私が思うテレビのサイズにぴたりとあう。

私が住いに欲しいと思うのは、あくまでもテレビであり、
100インチをこえるスクリーンを設置して──、というのは感覚としてテレビではなくなる。

そんな私が8Kはすごい、と思っているし、
心底すごいと思っているからこそ、ホームシアターにはほとんど関心のない私が、
いままここにこうして書いているわけである。

8Kを観て、感じたのは、いままでいかに情報量が不足していたのか、ということだった。
相当に不足している状態で、4Kはきれいだ、とか、あれこれいっている。

私は8Kで初めて、必要な情報量が提供されるようになった、と感じている。
だからこそ8Kはすごい、と思うし、8Kが4Kと決定的に異るのは、この点ではないのか。

私は映像の専門家ではないし、知識も素人レベルである。
はっきりしたことは何もいえないけれど、8Kのレベルに達して、
人に必要な情報量について語れるようになるのではないか、と思う。

それまではいかにも不足しすぎていた。
そんな状況でどんぐりの背比べをやっていたようなものだ。

8K以上の情報量が必要なのかは、8K以上のモノが登場してみたいことにはなんともいえない。
16Kがいつ登場するのか、その予測は出来ない。
けれど16Kまではこの目で観たい。

16Kを観て、8Kでもまだ情報量が足りない、ということになるのか、
それとも8Kから上になると、そう大きな違いは生じないのか。

そして、もうひとつ思っているのは、音の情報量に関してだ。
いまわれわれは情報量ということばを、20年前、30年前よりも多く使っている。
ハイレゾ(ハイ・レゾリューションのひどい略し方だ)という言葉も定着してきつつある。

そこに収められる情報量は確実に増している。
けれど、いまのオーディオのレベルは、8Kと同等なのか、それとも4K程度なのか、もっと下なのか。

Date: 10月 29th, 2014
Cate: 情景

情報・情景・情操(8Kを観て・その4)

ソニーのブースで、スタッフの人が言っていた。
4Kには最低でも、このくらいのサイズで見てほしい、といったことを。

ソニーのブースのスクリーンは120インチだった(と記憶している。)。
このことはソニーのスタッフはいうとおりであり、
映像としての情報量が増えていけば、画面(スクリーン)のサイズも大きくなっていて、
1インチあたりの画素数も高くなっていかなければならない。

実家にあった古いテレビはモノクロ。
幼いころなのでサイズまでは正確に記憶していないけれど14インチくらいだったはずだ。
この時代に20インチ以上のテレビはあったののだろうか。
あったとしても、このころのテレビ放送には20インチ、それ以上のサイズは必要としなかったのではないか。

三菱電機が37インチのテレビを発表した時、ステレオサウンドで働いていたから、
HiVi編集部に、この37インチのテレビが搬入された人のことはよく憶えている。

エレベーターに乗るのか、重量はどのくらいなのか。
前の日から搬入の大変さが予想されていた。

液晶テレビが当り前の世代にとって、37インチの三菱電機のテレビの大きさはどう映るだろうか。
とにかく大きい、と感じた。画面サイズは想像できていたけれど、奥行きは想像をこえていた。
こんなに大きい(デカイ)テレビが、そんなに売れるのだろうか、と、個人的な感覚で思ってしまったが、
世の中には受け入れられていった。

このことが関係しているのか、テレビということに関して、36インチくらいでいいと思っている。
そんな人間だから、4Kに対してもそれほど関心がなかったわけだ。

Date: 10月 21st, 2014
Cate: 情景

情報・情景・情操(8Kを観て・余談)

音場をどう読むか。
(おんば)か、(おんじょう)か。
これについては以前書いている

音場を(おんば)と読むか(おんじょう)とよむかで、微妙なところで意味するところが変ってくる。
それをここでくり返しはしないが、
オーディオ・ホームシアター展で、8KのデモでNHKのスタッフの人は音場(おんば)と発音されていた。

これがNHK全体でそう発音しているのか、
それとも8Kの開発に携わっている人たちにおいてのことなのかまでははっきりとしない。
そして意識的に音場(おんば)なのかどうかもわからない。

ただ8Kのすごさとともに、音場(おんば)であったことが印象に残っている。

Date: 10月 21st, 2014
Cate: 情景

情報・情景・情操(8Kを観て・その3)

NHKのブースを出た後にソニーのブースの前を通ったら、
4Kのデモをもうすぐ始める、ということだった。

8Kの後でなければ素通りしていた。
けれど4Kをきちんと体験してみたいと思った。

NHKのブースもソニーのブースもスクリーンとプロジェクターによる。
NHKのブースでの器材の説明はなかった。
ソニーでは、最上級機のプロジェクターということだった。

最初にスクリーンに映し出されたのは、アメイジング・スパイダーマン2だった。
春にドルビーアトモスの映画館で観ているだけに、はじめて観る映画よりも何かを掴みやすい。
その次はホビットであり、アラビアのロレンスも映し出された。

8Kを観た後でなければ、なかなかいいな、と思えただろう。
でも8Kを観て、それほど時間は経っていなかった。

NHKのブースで8Kを観ていて考えていたことのひとつに、情報量はどこまで必要か、ということがあった。
8Kの情報量は、明らかにこれまでと違う領域に入ってきている、と感じる。
4Kとは、ここが決定的に違うのではないか。

私が幼いころ、テレビはまだモノクロだった。
小学校にあがるころくらいにカラーテレビになった。
それからブラウン管のサイズが大きくなり、音声多重放送が始り、
衛星放送、ハイヴィジョン、といった技術が登場してきている。

幼いころのモノクロテレビの画質を憶えているわけではないが、
4Kと比較すると、それはものすごく大きな差である。

それでもモノクロテレビから4Kまでは、私のなかでは連続している。
けれど8Kは、技術としては連続していても、それが与える印象は連続しているようには感じられなかった。

Date: 10月 19th, 2014
Cate: 情景

情報・情景・情操(8Kを観て・その2)

8Kの映像は、現状のテレビよりも4Kよりも情報量が多い。
4Kの映像を見ていると、確かに情報量が増えて、きれいになったという印象を受ける。

8Kでは情報量が増えた、ということはまず感じさせない。
とにかく、自然だということが、まず最初に感じたことだった。
そして、情報量の多さということが、どういうことなのかを感じさせた。

8Kを観ていて、はっりきと4Kや現状のテレビとは違うものを感じていた。
なぜそれを感じるのか、何がそう感じさせるのか、を考えていた。

NHKのブースでの8Kの映像は、外部コンタクトレンズのようにも思えた。
電子による外部コンタクトレンズである。

しかも電子的であることを意識させない。
8Kを観て、4Kであっても、いかにも電子的な映像であったことを意識させる。
おそらく情報量が不足しているから、そう感じるのかもしれない。

だからどこかが誇張され、どこかが欠落していることを、
無意識のうちに人は感じとっているからこそ、4Kで高精細な映像であっても、
外部コンタクトレンズという感じを得ることはなかった。

8Kはすごい、は、こういう意味においてである。

Date: 10月 18th, 2014
Cate: 情景

情報・情景・情操(8Kを観て・その1)

オーディオ・ホームシアター展に行ってきた。
NHKのブースがあった。
覗くと、かなり大きなサイズのスクリーンに8Kの文字が表示されている。
8Kのデモをやるのか、ぐらいの興味しか持てなかった。

いま量販店に行くと4Kテレビが展示してある。
今回のオーディオ・ホームシアター展でもシャープのブースでは4Kの液晶テレビが展示してあった。

4Kにあまり関心がもてないのは、ネイティヴのソースが揃っていないから、ではなくて、
こういうふうに展示してあるのを見ても、きれいだな、と思うだけだからである。

だから8Kに関しても、4Kの延長線上にあるものだと思い込もうとしていた。
それでもこんなところまでせっかく来たのだから(有楽町よりもずっと遠い)、ブースに入った。

簡単な説明があって、30分ほどのデモがはじまった。
スポーツの8K映像が映し出された。
サッカーのワールドカップ、ソチ・オリンピックとフィギュア・スケート。
音声は22.2チャンネルである。

4Kと8Kの違いは、想像以上に大きかった。
8Kはすごい、といいたくなる。
だが「すごい」と言ってしまうと、すごいという語感からイメージしてしまうものとは、8Kははっきりと違う。
この違いが、4Kと8Kの違いでもある。

Date: 7月 1st, 2012
Cate: 情景

情報・情景・情操(音場→おんじょう→音情)

中学、高校のときは、音場を「おんば」と呼んでいた。
現場を「げんば」と呼ぶし、磁場は「じば」と呼ぶから、「おんば」なんだと思っていた。

おんじょう、と呼ぶようになったのは、ステレオサウンドで働くようになってからだ。
音場は「おんじょう」か「おんば」か、どちらが正しいのか。
現場は、「げんば」とも読むし「げんじょう」とも読む。
現場という単語が使われる状況によって「げんば」であったり「げんじょう」であったりする。

音場は、オーディオの世界ではすくなくとも「おんじょう」と読まれることが圧倒的に多い。
だから、それにしたがって、「おんじょう」と読んでいるわけだが、
「おんじょう」と読むことによって、
原音(げんおん)を「げん」と「おん」に分解して漢字変換したのと同じように、
「おん」と「じょう」に分解して変換することができる。

こんな当て字を思いついた。
「音情」だ。

Date: 3月 20th, 2011
Cate: 情景

続・変らないからこそ(その1)

めまぐるしい変化のなかに生きている、とわれわれは思っていた。
そこに、とてつもなく大きな変化がおきた。想像も出来ないほどの大きさだった。

そういう変化のあとで(しかもめまぐるしい変化も続いていてるなかで)愛聴盤を、
これまでと同じに聴けるのだろうか。
いままで気がつかなかった意味に気がつくこともあるだろう。違う意味に受けとれる音楽もあるかもしれない。

それが音楽だと思う。

一方で、はじめて聴いたときの同じに聴こえてくるレコードも、きっとある。
変らず、そこに音楽が或るレコードもある。
これも音楽だと思う。

いうまでもないことだけど、愛聴盤自体はなんら変っていない。

Date: 2月 8th, 2011
Cate: 情景

情報・情景・情操(その8)

ビバリッジのSystem2SW-1のほぼ2年後にマッキントッシュのXRT20が登場した。
XRT20の使用ユニットはコーン型とドーム型ユニットで、しかもトゥイーターは24個。

正確にはSystem2SW-1のシリンドリカルウェーヴとは異るところもあるけれど、
他の多くのスピーカーシステムの放射パターンとの比較でいえば、System2SW-1のほうに近い。
しかも両者とも壁にくっつけて設置するところも同じだ。

だからステレオサウンドで、XRT20の記事を読んだとき思ったのは、
System2SW-1のような設置の仕方をしたら、いったいどうなんだろうか、ということだった。

これはいちどやってみたかったことだけど、ステレオサウンドの当時の試聴室は、
部屋を横長に使うと、右側の壁は木だけど左側はレコード棚。
縦長に使うと、今度も右側は木の壁となるが、左側はガラス窓。
残念ながら、うまく設置できない。
いったいどういう音場を再現するのだろうか。

System2SW-1もXRT20もだが、もし聴き手がもっと前に坐ったら、
もしくはスピーカーの設置場所をぐっと聴取位置にまで下げてきたら、どう聴こえるのか。

つまり左右のスピーカーを向い合わせに設置して、ふたつのスピーカーを結ぶ直線上の中央で聴くわけだ。
ヘッドフォンを耳から離した状態、とでも言おうか。

この状態でバイノーラル録音を再生すると、どうなるのか。
しかもグールドのSACDには、通常の録音とバイノーラル録音の両方が収録されている。

スピーカーシステムが用意でき、部屋の条件さえ整えば、いちどじっくり試聴してみたい。

Date: 2月 7th, 2011
Cate: 情景

情報・情景・情操(その7)

過去のオーディオ機器、その中でもスピーカーシステムに関しては、
いまでも、というか、いまだからこそ、一度聴いておきたいモノがいくつかある。
そのひとつが、ビバリッジのSystem2SW-1という、コンデンサー型によるメインスピーカーと、
コーン型のサブウーファーから構成される、やや特殊な設置方法を要求するモノ。

ステレオサウンド 50号の新製品紹介欄で、井上・山中両氏によってとりあげられている。

System2SW-1のメインスピーカーユニットは、高さ198.3cmというかなり大型のエンクロージュア内に、
フルレンジのコンデンサー型ユニットをおさめ、その前面に加味にプラスチックを含浸させた素材で、
音響レンズの一種、というか、コンプレッションドライバーのイコライザーに相当するものを配置、
この音道をとおることで、コンデンサー型ユニットから発せられる平面波を球面波へとし、
水平方向180度の円筒状の波形(シリンドリカルウェーヴ)をつくりだしている。

しかも特徴的なことはほかにもある。
設置場所は左右の壁に向い合わせになるように、というのがメーカー側の指示。
シリンドリカルウェーヴのスピーカーならではの設置方法といえよう。
指向特性の狭いスピーカーだったら、こういう置き方には向いていない。

100Hz以下を受け持つサブウーファーは、メインスピーカーの斜め後方、
つまり一般的なスピーカーの設置場所に近いところだ。

System2SW-1がどんな音だったのか、どんな音場を再現してくれるのか、
ステレオサウンドの記事を読みながら、強い関心をもっていたけど、
音どころか、実物を見る機会すらなかった。

前述の記事中では、
井上先生が、音像自体が立体的に奥行きをもって浮び上ってくる、と言われている。
さらに、オペラを聴くと、歌手の動きが左右だけでなく、少し奥のほうに移動しながら、
右から左へと動いた感じまで再現し、その場で実際にオペラを観ている実在感につながる、と。

山中先生も、通常のスピーカーの、通常の置き方よりも、
楽器の距離感を驚くほどよく出し、協奏曲での、独奏楽器とオーケストラとの対比がよくわかる、と。

これを書くためにステレオサウンドを読み返していると、System2SW-1を聴きたい気持が強くなってくる。

Date: 2月 6th, 2011
Cate: 情景

情報・情景・情操(その6)

われわれが耳にしている音場再生方法は、ほとんどすべて主観的・音響心理的なものである。

よほど専門家でなければ、客観的・物理的な方法による音場再生を聴くことはできない、と思いがちだが、
ひとつある、バイノーラル録音である。

バイノーラル録音されたものをヘッドフォンで聴くことは、まさしく客観的・物理的な音場再生方法である。
客観的・物理的な音場再生方法の重要なのは、
録音時のマイクロフォンと位置と最盛時のスピーカーの位置が相関関係にあることが、第一に挙げられる。

マイクロフォンを4本使って録音したのであれば、スピーカーの4本用意して、
マイクロフォンと同じように設置することが求められる。
前項に引用した文章には記述はないが、
おそらくマイクロフォンの指向性とスピーカーの指向性も近似でなければならないはずだ。
しかも再生する空間は無響室が求められる。

部屋の響きが、収録されている現場の響きにまじり合うことを拒否してのことであっても、
音楽の、現実的な聴取環境ではない。
たとえ、客観的・物理的な音場再生によって素晴らしい音・音響が得られたとしても、
無響室で音楽を聴きたいとは、これっぽっちも思わない。

バイノーラル録音のヘッドフォンでの再生は、条件のふたつともクリアーしている。
マイクロフォンとヘッドフォンの相関関係は、ほぼ同じ。
さらにヘッドフォンは再生する部屋の影響は関係ない。
無響室ではないけれど、無響ではあることは確かだ。

いわばミニマルな客観的・物理的な音場再生だ。

いま入手できるバイノーラル録音のものは、ここにも書いているグールドのSACDがある。