Archive for category audio wednesday

Date: 7月 22nd, 2020
Cate: audio wednesday

第114回audio wednesdayのお知らせ(再びTANNOY Cornetta)

吉田日出子の「上海バンスキング」、
「伝説の歌姫 李香蘭の世界」、
この二組のCDは、8月5日のaudio wednesdayに持っていく。

7月はクナッパーツブッシュの「パルジファル」をかけた。
今回はカラヤンの「パルジファル」にしようと考えている。

それからケンプ、バックハウスのベートーヴェンのピアノ・ソナタを、
どちらもMQAで持っていく。

ここまで書いて、ふと気になって確かめたことがある。
1981年の8月と今年の8月は、土曜日から始まる。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

19時開始です。

Date: 7月 15th, 2020
Cate: audio wednesday

第114回audio wednesdayのお知らせ(再びTANNOY Cornetta)

8月のaudio wednesdayは、5日。
コーネッタを再度鳴らすわけだが、
7月は、いわばいきあたりばったりで鳴らしたに等しいかった。

私のところにやってきたコーネッタと、なぜだか片側だけキャスターがとりつけられていた。
移動しやすいようにだろうが、なぜ片側だけなのだろうか。

想像するに、コーネッタはコーナー型だから、部屋のコーナーに置きたい。
おそらく一本はコーナーにすんなり置けたのだろう。
もう一本は、どうしても部屋のドアのところになったのではないのか。
出入りのために音を鳴らさない時は邪魔にならないように動かす。

部屋に入ってしまえば大丈夫だから、ドアのあるコーナーにコーネッタを移動する。
そんな使い方をされていたのではないだろうか。

キャスターをつけることで音への影響とあるけれど、
それでもコーナーに置けることを優先しての選択なのだろう。

前の持主がどんな鳴らし方をされていたのかはわからない。
どんな人なのかもわからない。

そして、前の持主が手放してから、どのくらい経っているのかもわからない。
どのくらい鳴らされていなかったのだろうか。

中古のスピーカーの場合、そういったことを無視しての、いきなりの鳴らし方はしないほうがいい。
様子見的な鳴らし方からやっていく。

7月のaudio wednesdayでは特別なことは何もやらなかった。
とにかく聴きながら鳴らしていっただけである。
いつもより(アルテックの時よりも)、多少は慎重に、前半は鳴らしていたぐらいだ。

割と丁寧に鳴らされていたのだろう。
それでも、おとなしい鳴らし方をされていたのだろう、とも感じていた。

コーネッタが目を覚ましてきたように感じたのは後半になってからだった。
7月が1日、8月は5日だから五週間あく。
まったく、そのあいだ鳴らさないことになるのだが、
それでも一度鳴らしているのだから、8月は、より積極的に鳴らしていけるはずだ。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

19時開始です。

Date: 7月 3rd, 2020
Cate: audio wednesday

第114回audio wednesdayのお知らせ(再びTANNOY Cornetta)

「MQAで聴けるバックハウスのベートーヴェン(その3)」を公開した約12時間後に、
バックハウスの30番、31番、32番のMQAでの配信が始まった。

タイミングがいいというのだろうか、悪いというのだろうか。
とにかく8月のaudio wednesdayでは、五味先生がお好きだったケンプとバックハウスで、
ベートーヴェンの後期のピアノ・ソナタを、MQAでコーネッタでかけることができる。

8月のaudio wednesdayで最後にかける曲は、ケンプとバックハウスになる。

Date: 7月 2nd, 2020
Cate: audio wednesday

第114回audio wednesdayのお知らせ(再びTANNOY Cornetta)

8月のaudio wednesdayは、5日。
コーネッタを再度鳴らすことにした。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

19時開始です。

Date: 7月 1st, 2020
Cate: audio wednesday

第113回audio wednesdayのお知らせ(いつかは……、というおもいを)

一週間前にコーネッタを喫茶茶会記に搬入。
今日やっと初めての音出しである。
待ち遠しかったけれど、どんな音で鳴ってくれるのか。

コーネッタのコンディションを含めて、なんともいえないところがある。
メインテナンスをする時間はとれなかった。
今日は満足のいく音が出せない可能性もあるわけだが、
これからは自分のモノとして、タンノイを鳴らしていくことができる。

そうすることで確認できるのではないか、と考えていることがある。
別項「カラヤンと4343と日本人」にも関係することだ。

五味先生と瀬川先生の音楽の聴き方は、かなり近いところがあると以前から感じていた。
それでもアンチ・カラヤンの五味先生、積極的にカラヤンを聴かれていた瀬川先生、
なぜなのだろう、とずっとひっかかったままである。

答は永久にわからないであろう。
それでも、五味先生はタンノイを鳴らされていた。
タンノイで音楽を聴かれていた。

このこととカラヤン、それからポリーニへの酷評は決して無関係ではない、とも思っている。

アンチJBLの五味先生、4343(4341、4345、自作の3ウェイを含めて)を鳴らされていた瀬川先生、
そうい:ったことを含めて、自分でタンノイを鳴らしていくことで、
納得できる何かがえられるのかもしれない。

とにかく、今夜からタンノイとのそういった時間が始まる。

Date: 6月 29th, 2020
Cate: audio wednesday

第113回audio wednesdayのお知らせ(いつかは……、というおもいを)

二日後には、いよいよコーネッタを鳴らす。
コーネッタの音をひさしぶりに聴くことになる。

タンノイの音は、ステレオサウンドの試聴室で、
それからティアックの試聴室でも、聴いている。
かなりの回数聴いている。

個人宅でも、それほど多くはないが聴いている。
決していい音ではないが、オーディオショウでの音も何度か聴いている。

ステレオサウンドの試聴室ではセッティングをして鳴らした音を聴いている。
それでも、いざ自分のモノとなったタンノイを鳴らすのは、初めてのことだ。

ずっと以前、まだぎりぎり20代だったころ、タンノイを手に入れる機会があった。
知人のお父さんがArdenを鳴らしていて、いまでは倉庫に眠ったままになっている、ということだった。
よかったら鳴らしませんか、という申し出があった。

けっこうな期間鳴らしていないとはいえ、きちんと保管されていて、状態はよかった。
それでも、そのころは若さゆえか、Ardenをいまさら……、という気持が、
いつかはタンノイを鳴らしてみたい、という気持よりも強かった。

即答で「いや、いいです」とことわった。
ことわったことを後悔はしていないが、
30前後の私は、どんな音でタンノイを鳴らしたのだろうか、という興味が、いまはある。

それから約三十年、タンノイを鳴らす。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

19時開始です。

Date: 6月 25th, 2020
Cate: audio wednesday

第113回audio wednesdayのお知らせ(いつかは……、というおもいを)

五味先生の「ピアニスト」に、コーネッタのことは出てくる。
     *
 JBLのうしろに、タンノイIIILZをステレオ・サウンド社特製の箱におさめたエンクロージァがあった。設計の行き届いたこのエンクロージァは、IIILZのオリジナルより遙かに音域のゆたかな美音を聴かせることを、以前、拙宅に持ち込まれたのを聴いて私は知っていた。(このことは昨年述べた。)JBLが総じて打楽器──ピアノも一種の打楽器である──の再生に卓抜な性能を発揮するのは以前からわかっていることで、但し〝パラゴン〟にせよ〝オリンパス〟にせよ、弦音となると、馬の尻尾ではなく鋼線で弦をこするような、冷たく即物的な音しか出さない。高域が鳴っているというだけで、松やにの粉が飛ぶあの擦音──何提ものヴァイオリン、ヴィオラが一斉に弓を動かせて響かすあのユニゾンの得も言えぬ多様で微妙な統一美──ハーモニイは、まるで鳴って来ないのである。人声も同様だ、咽チンコに鋼鉄の振動板でも付いているようなソプラノで、寒い時、吐く息が白くなるあの肉声ではない。その点、拙宅の〝オートグラフ〟をはじめタンノイのスピーカーから出る人の声はあたたかく、ユニゾンは何提もの弦楽器の奏でる美しさを聴かせてくれる(チェロがどうかするとコントラバスの胴みたいに響くきらいはあるが)。〝4343〟は、同じJBLでも最近評判のいい製品で、ピアノを聴いた感じも従来の〝パラゴン〟あたりより数等、倍音が抜けきり──妙な言い方だが──いい余韻を響かせていた。それで、一丁、オペラを聴いてやろうか、という気になった。試聴室のレコード棚に倖い『パルジファル』(ショルティ盤)があったので、掛けてもらったわけである。
 大変これがよかったのである。ソプラノも、合唱も咽チンコにハガネの振動板のない、つまり人工的でない自然な声にきこえる。オーケストラも弦音の即物的冷たさは矢っ張りあるが、高域が歪なく抜けきっているから耳に快い。ナマのウィーン・フィルは、もっと艶っぽいユニゾンを聴かせるゾ、といった拘泥さえしなければ、拙宅で聴くクナッパーツブッシュの『パルジファル』(バイロイト盤)より左右のチャンネル・セパレーションも良く、はるかにいい音である。私は感心した。トランジスター・アンプだから、音が飽和するとき空間に無数の鉄片(微粒子のような)が充満し、楽器の余韻は、空気中から伝わってきこえるのではなくて、それら微粒子が鋭敏に楽器に感応して音を出す、といったトランジスター特有の欠点──真に静謐な空間を持たぬ不自然さ──を別にすれば、思い切って私もこの装置にかえようかとさえ思った程である。でも、待て待てと、IIILZのエンクロージァで念のため『パルジファル』を聴き直してみた。前奏曲が鳴り出した途端、恍惚とも称すべき精神状態に私はいたことを告白する。何といういい音であろうか。これこそウィーン・フィルの演奏だ。しかも静謐感をともなった何という音場の拡がり……念のために、第三幕後半、聖杯守護の騎士と衛士と少年たちが神を賛美する感謝の合唱を聴くにいたって、このエンクロージァを褒めた自分が正しかったのを切実に知った。これがクラシック音楽の聴き方である。JBL〝4343〟は二基で百五十万円近くするそうだが、糞くらえ。
     *
これを読めば、コーネッタがどうしても欲しくなる。
なので、7月1日のaudio wednesdayでは、
「パルジファル」を、最後にかけようと考えている。

決めたわけではない。
コーネッタの音を、まだ聴いていない。
どの程度のコンディションなのかは、鳴らしてみるまではっきりとしない。

あるレベルの音が、当日鳴ってくるのであれば、
最後に締めの曲として、「パルジファル」を鳴らす。

五味先生がステレオサウンドの試聴室で聴かれたショルティ盤の「パルジファル」ではなく、
五味先生が自宅で聴かれていたクナッパーツブッシュの「パルジファル」である。

CDではなく、MQA(192kHz、24ビット)で鳴らす。

Date: 6月 24th, 2020
Cate: audio wednesday

第113回audio wednesdayのお知らせ(いつかは……、というおもいを)

二時間ほど前に、喫茶茶会記にコーネッタを搬入してきた。
一週間後のaudio wednesdayで鳴らすコーネッタである。

ヤフオク!で落札したコーネッタの出品者は、リサイクルショップだった。
実物をみていたわけではない。

リサイクルショップの倉庫に引き取りに行って、初めて実物をみた。
四十年以上のスピーカーだから、ある程度のくたびれ感はしかたない、と思っていた。
実際、倉庫でみたコーネッタは、そんな感じだった。

なのに喫茶茶会記に持ち込んで、とりあえず置いてみると、感じ方がまるで違ってくる。
どんなスピーカーであれ、部屋にスピーカーを持ち込めば部屋の雰囲気は大なり小なり変化する。

コーネッタがおさまった喫茶茶会記の、いつものスペースはいい雰囲気だな、とまず思った。
コーネッタというスピーカーのアピアランスは、わりと素っ気ないともいえるが、
コーナー型ということ、そして実際にコーナーあたりに置いてみると、しっくりくる。

不思議なことに、くたびれた感じが今度はしない。
もちろん細部をみていくと、それなりの年月感はあるけれど、
コーネッタが部屋におさまったときの雰囲気のよさは、
いまのスピーカーからは、まず得られない。

実をいうと、まだ音を聴いていない。
今日は搬入しただけである。
あと一週間、どんな音が鳴ってくるのか、
どんな音を聴かせてくれるのか、楽しみである。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

19時開始です。

Date: 6月 19th, 2020
Cate: audio wednesday

audio wednesday (first decade)

最初のころはaudio sharing例会といっていたaudio wednesdayの一回目は、
2011年2月2日だった。
2021年1月で十年やったことになる。

いつまでaudio wednesdayを続けるのか。
このまま続けてもいいように思う反面、
十年を区切りにしよう、とも考えている。

Date: 6月 9th, 2020
Cate: audio wednesday

第113回audio wednesdayのお知らせ(いつかは……、というおもいを)

audio wednesdayの場を提供してくれている喫茶茶会記は、
四谷三丁目にあるジャズ喫茶である。

そのジャズ喫茶で、タンノイを鳴らす。
タンノイでジャズ、と書くと、
!か?、もしくは!?がつくだろう。

けれど菅野先生はスイングジャーナルで、
タンノイでジャズを、という組合せをやられていた。

井上先生は、ステレオサウンド別冊「世界のオーディオ」のタンノイ号で、
オートグラフを、マッキントッシュのMC2300とマークレビンソンのLNP2という組合せで、
やはりジャズを鳴らされている。

すごく実体感のある音が鳴ってきた、とあるし、
実際に井上先生に訊いたこともある。

いい音が鳴った、ということだったし、
ウッドベースの音は、ほんとうに気持ちよかった、とのことだった。

なので別項「妄想組合せの楽しみ(番外・その1)」では、
ジャズ喫茶の店主だったら、という妄想を書いている。

ジャズ喫茶の店主だったら、スピーカーを何にするか。
ロックウッドのMajor Geminiにする、と書いている。

タンノイのHPD385Aを二発、
独特のエンクロージュアに搭載したモニタースピーカーである。

コーネッタで、どこまで鳴らすか、は、当日の音を聴いてからだ。
コーネッタが、どこまで鳴ってくれるのか、が、いまのところの最大の関心事の一つである。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

19時開始です。

Date: 6月 7th, 2020
Cate: audio wednesday

第113回audio wednesdayのお知らせ(いつかは……、というおもいを)

いつかはタンノイを……、
これは「五味オーディオ教室」からオーディオの世界に入ってきた私が、
ずっといだいてきたおもいである。

いつかはタンノイを……、
このタンノイとは、オリジナル・エンクロージュアのオートグラフのことである。
とはいえ、タンノイ・オリジナルのオートグラフは、
すでに製造中止になっていて、輸入元ティアックによる国産エンクロージュアになっていた。
それにユニットもHPD385にかわっていた。

スピーカーだけは新品で……、
これもずっとおもっていることだが、製造中止になっている以上、
中古で手に入れたスピーカーも、すでにいくつかある。

オートグラフの後継機として、ウェストミンスターがある。
いいスピーカーだと思っている。

それでも、オートグラフをベートーヴェンにたとえるなら、
ウェストミンスターはブラームスである。
このことは以前書いているので、これ以上はくり返さないが、
ここはどうしても譲れないところである。

もうひとつ加えるなら、オートグラフの佇まいとウェストミンスターのそれとは、
かなり違う。
ウェストミンスターを置くだけのスペースがあったとしても、
どうしても自分のモノとしたい、とは思えない理由である。

これも以前書いているが、私にとってのタンノイ本来の音は、
フロントショートホーン付きのエンクロージュアでのみ、と考えている。

こうなると、もうコーネッタしかない。
コーネッタは、「コンポーネントステレオの世界 ’77」で初めて、
その存在を知った。
といっても、詳しいことを知ったわけではない。

その二年後、「コンポーネントステレオの世界 ’79」でもコーネッタを見た。
リスニングルームの雰囲気とともに、コーネッタを欲しい、とおもった。

いつかはタンノイを……、というおもいも少しずつ変化してきている。
オートグラフだけではなくなってきている。
コーネッタを鳴らしたい、とおもう気持が、数年ごとに、わき上がってくる。

7月1日のaudio wednesdayでは、コーネッタを鳴らす。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

19時開始です。

Date: 6月 4th, 2020
Cate: audio wednesday

第113回audio wednesdayのお知らせ

7月のaudio wednesdayは、1日。

火曜日は、別項で書いているようにAさんのところに、
昨日の水曜日は喫茶茶会記に、メリディアンの218を持ち込んでいた。

218+αになってから、218だけでなく、いくつかものも持っていくことになった。
5月のaudio wednesdayから、200Vへの昇圧トランスが加わって、そこそこ重くなってきた。

それでもバッグに入れて運べる大きさと重さ。
電車以外持ち運ぶ手段のない私は、助かっている。

そして、こうやって違う環境で鳴らすことのおもしろさも味わっている。
特に今回は二日続けて、違う環境で聴けたのは、個人的には収穫があった。

次回のテーマは未定だが、これまで通り218は持参する。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

19時開始です。

Date: 5月 29th, 2020
Cate: audio wednesday

第112回audio wednesdayのお知らせ(untitled)

2000年の終りごろにステレオサウンドから出た「音[オーディオ]の世紀」。
巻末に「21世紀に残したい至宝のディスク100選」がある。
十人の筆者が十枚ずつ、音楽ジャンルに関係なく選んだ記事だ。

菅野先生は、次の十枚を選ばれている。
 カルロス・クライバー/ウィーンフィルハーモニーによるベートーヴェン
 グレン・グールドのゴールドベルグ変奏曲(1981年録音)
 ジャン・ベルナール・ポミエのベートーヴェンのピアノソナタ全集
 シモン・ゴールドベルグの芸術の第一集、第二集
 ハリー・ベラフォンテの「BELAFONTE AT CARNEGIE HALL」
 ソニー・ロリンズの「SAXOPHONE COLOSSUS」
 カウント・ベイシーの「THE CANSAS CITY 7」
 アート・ペッパーの「Art Pepper meets The Rhythm Section」
 綾戸智絵の「life」

ジャン・ベルナール・ポミエ、シモン・ゴールドベルグは、
菅野先生らしい、と思った。
意外に感じたのは綾戸智絵だった。

そこには、こう書かれていた。
    *
本誌のテスト取材で朝沼予史宏さんの推薦で知ったCDだが、この人の弾き語りを聴いて唸った。まいった。テストに使ったトラックはスマップの「YOXORO NO MUKOU」で、僕は何を隠そうスマップのファンなのだが、彼女のこの曲の完全な消化と昇華はどうだ! 以来、このミュージシャンのファンになったのだ。綾戸智絵という生きてきた過去と生きる現在のすべてを、数分の音楽に完全に表現てきることができる天才だ! 録音は若干のノイズがあるが大変よい。これが彼女のアルバムのなかでは一番好きである。
     *
「life」は1999年の録音にもかかわらず、アナログ録音であり、SACDも出ていた。
私が「音[オーディオ]の世紀」を手に入れたのは、ずいぶん経ってからということもあって、
このCDも買い逃していた。

e-onkyoにも、これまで綾戸智絵のアルバムはいくつかあった。
けれど「life」はなかった。
いつか出るのか、と待っていたところ、
5月29日に配信がはじまった五枚のアルバムのなかに「life」があった。

96kHz、24ビットで、flacとWAVしかない。
ちょっと残念なのだが、MQAはない。

それでも嬉しい。
綾戸智絵の「life」も、6月3日のaudio wednesdayに持っていく。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

19時開始です。

Date: 5月 27th, 2020
Cate: audio wednesday

第112回audio wednesdayのお知らせ(untitled)

6月3日のaudio wednesdayには、
クインシー・ジョーンズの「BACK ON THE BLOCK」を持っていく。

1989年に出たアルバムだ。
当時、録音の仕事をしていた友人が「音、いいよ」と聴かせてくれたのが出合い。

友人が勤めていた小さなスタジオのスピーカー(ヤマハのNS10M)で聴いた。
音がいい。
確かにいい。
びっくりするほど、いい音に聴こえた。

買おう、と思ったけれど、このころはまったくといっていいほど仕事をしていなかった。
一枚三千円ほどのCDを買うのも躊躇うほどだった。

少し余裕ができたら買おう。
こんなことを思っていると、余裕ができた時にはほかのCDを買ったりする。
結局、買いそびれてしまった。

すると、今度は廃盤になっていたため、しばらく手に入らなかった。
縁がないCDなのか。

再発になったようだけど、その時は「BACK ON THE BLOCK」への興味をなくしていた。

4月、5月とほとんど出掛けずにいたら、
ふと「BACK ON THE BLOCK」を聴きたくなった。

インターネットにアクセスすれば、多少の音の悪さを我慢すれば聴ける。
でも、三十年ほど前の、あの音の感激はほんものだったのか、
それを確かめたくもなった。

喫茶茶会記のアルテックで、まったく気兼ねすることなく音量を、
どこまでもあげて聴きたい、と思うようになった。

こんなことを思ってしまうと、無性に聴きたくなってくる。
タワーレコード、HMVでも、いまのところ入手ができないようだ。

以前だったら、また縁がなかったのか……、と諦めるところだが、
新品にこだわらなければ、いまはいくらでも簡単に探せる。
ヤフオク!で検索してみると、けっこう出てくる。

いま聴くと、そうでもなかった、と思うのか、
それとも、やっぱり! と思うのか。

一週間後のaudio wednesdayが楽しみである。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

19時開始です。

Date: 5月 22nd, 2020
Cate: audio wednesday

第112回audio wednesdayのお知らせ(untitled)

6月3日のaudio wednesdayのテーマは、前回書いているようにuntitled。
これといったテーマは決めずに行うけれど、持っていくディスクは書いておこう。

一昨日、タワーレコードからのメールに、チェックしたCDが発売になりました、とあった。
なんだっけ? と思ってURLをクリック。
セシル・テイラーの「Solo」だった。

5月20日発売だということをころっと忘れていた。
また買い逃すところだったかもしれないだけに、
ややおせっかいと思えなくもない内容のメールだけど、ありがたいとも思う。

「Solo」を持っていく。
菅野先生からきいているおもしろいエピソードについても、話す予定でいる。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

19時開始です。