Archive for category audio wednesday

Date: 6月 12th, 2018
Cate: audio wednesday

30年ぶりの「THE DIALOGUE」(その16)

一年前の6月のaudio wednesdayで「THE DIALOGUE」をかけた。
私にとって、まさに30年ぶりの「THE DIALOGUE」だった。

この時はハイブリッドディスクのCDレイヤーでの再生、
今年になってSACDレイヤーでの再生になった。

どちらで聴いても、「THE DIALOGUE」を最初に聴いたときのイメージと重なってくる。
「THE DIALOGUE」を初めて聴いたのは、
瀬川先生が定期的に来られていた熊本のオーディオ店でのことだった。

記憶が少し不確かだが、カートリッジの試聴のときに瀬川先生が持参されていたはずだ。
そこにエンパイアの4000D/IIIがあった。
1978年ごろのことだ。

4000D/IIIはクラシックを聴くカートリッジではない──、
瀬川先生はそんなことを話されていた。
気持いいくらいに乾いた音だった。

確かにヴォーカルのしっとりした感じは出してくれそうにないほどに、乾いた音。
パーカッションが大好きならば、何を措いても、このカートリッジを手に入れるべきだろう、
と思ったほどに、というより、
クラシックをメインに聴く私でも、
パーカッションのために、このカートリッジは欲しい、と思うほどだった。

爽快な音とは4000D/IIIのような音のことをいうのだろう。
そんな4000D/IIIで「THE DIALOGUE」を聴いた。

このころ市販されていたカートリッジで、
「THE DIALOGUE」を4000D/III以上に鳴らすモデルはあっただろうか。

いま聴くとがっかりするんだろうか……、
たぶんそうだろうなぁ、と思いながらも、
もう一度、今度は自分の手で鳴らしてみたい、と思う。

audio wednesdayで「THE DIALOGUE」をかけるたびに、
今年はその気持が強くなっていっている。

「THE DIALOGUE」のLP、エンパイアの4000D/IIIを手に入れなければならないし、
喫茶茶会記にあるアナログプレーヤー(トーンアームはオルトフォンのRMG309)では、
4000D/IIIには不向きなモデルである。
なので別のアナログプレーヤーを持ってこなければならない。

たいへん面倒だな、と思いつつも、なんとかしたい、とも思う。
4000D/IIIのように際立った音のカートリッジ、いまはあるのだろうか。

Date: 6月 7th, 2018
Cate: audio wednesday

第90回audio wednesdayのお知らせ(ホーン周りの見直し)

7月のaudio wednesdayは、4日。

ここで書いておかないと、ついつい先延ばしになってしまうので、
次回の予定としては、アルテックのホーンとドライバー周りの設置を、
これまでのやり方とは大きく変更する。

試みたかった方法は、東急ハンズで無理といわれたのであきらめて、
少し変更してやる予定。

JBLの075の設置も、これに応じて変更となる。
ウーファー、ホーン+ドライバー、トゥイーターをインライン配置にする(つもりだ)。

ただ塗装が面倒だな、と思っているところ。
喫茶茶会記のエンクロージュアは、艶消しの黒。
同じ艶消しの黒にするか、それとも色も変えてみようか、
そんなことも考えている。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時開始です。

Date: 6月 5th, 2018
Cate: audio wednesday

第89回audio wednesdayのお知らせ(Moanin’)

明日(6月6日)はaudio wednesdayなのだが、どうも雨のようである。
梅雨入りしそうである。

ジトッとしたなかでの、アート・ブレイキーの「Moanin’」。
重く鈍い音が、最初は鳴ってきそうである。

5月のaudio wednesdayでは、
ドライバーに取り付けていたCRのリード線が断線していたため、
これまでずっと付けっぱなしだったCR方法は外していた。

今日、秋葉原に行って、部品を購入してきた。
今回は取り付けての音出しとなる。

それ以外の部品も少し購入した。
といっても高価なモノでもないし、小さなモノである。
これでネットワークに試す予定である。
少なからぬ変化はあるだろうが、結果はどちらにころぶかはなんともいえない。

それ以外にももうひとつ実験のためのものも持っていく。
スピーカーを正面から見ただけでは、どこも変っていない範囲内での実験である。

これらがうまくいけば、「Moanin’」が気持良く鳴ってくれるはずだ。
とにかく今回のaudio wednesdayは「Moanin’」を、
気持良く聴きたい、というのが私のわがままである。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

Date: 5月 24th, 2018
Cate: audio wednesday

第89回audio wednesdayのお知らせ(Moanin’)

6月6日のaudio wednesdayでかけるアート・ブレイキーの「Moanin’」は、
シングルレイヤーのSACDである。

昨年秋に出たSHM盤で、2017年リマスターである。
シングルレイヤーなので、まだ聴いていない。

新しいリマスターがうまくいっているのか、
SHM盤の効果はどうなのか、そのへんはいまのところわからない。
なので6月6日当日、まったく意図しない音が鳴ってくるかもしれない。

SACDプレーヤーは、
これまでパイオニアのPD-D9をメインに使ってきた。
「THE DIALOGUE」での鮮烈な音は、
喫茶茶会記に導入されたばかりのマッキントッシュのMCD350よりも、スリリングだった。

私だけでなく、みなそう感じていた。
けれどPD-D9はその後修理に出されて戻ってきている。
基本的には変っていないはすなのだが、「THE DIALOGUE」があの時ほどスリリングではない。

5月のaudio wednesdayでは、だから途中でMCD350にした。
2月に鳴らしたときよりも、ずっと良くなっている。

MCD350そのものが特に変ったわけではないが、
こなれてきた、とでもいおうか、
以前感じた、不快な軽さがきれいになくなっている。
聴いていて、ものたりなさを覚えない。

なので「Moanin’」は、MCD350で鳴らす。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

Date: 5月 22nd, 2018
Cate: audio wednesday

第89回audio wednesdayのお知らせ(Moanin’)

2016年秋に、「オーディオと青の関係(その12)」で「坂道のアポロン」について少しふれた。

「坂道のアポロン」はマンガであり、アニメにもなっている。
今年春、実写化映画が公開された。
期待半分、不安半分。観に行こうかと思いつつも、
予告編をみて、行く気が失せてしまった。

「坂道のアポロン」には、アート・ブレイキーのMoanin’がメインテーマといえる。
クラシックを聴くことが多い私でも、Moanin’は何度か耳にしている。
いい曲だと思いながらも、CDを買うことはなかった。

「坂道のアポロン」で、あらためて、いい曲だと思っていた。
映画ではMoanin’は、どう扱われていたのだろうか。
予告編だけでもおもしろければ、観に行ったのに……、
そればかりではないが、映画「坂道のアポロン」に対しては、もやもやを感じている。

そのもやもやをMoanin’を聴いて、吹き飛ばしたい。
Moanin’を、初めてaudio wednesdayに来られた方が、
「こんな音、聴いていられないよ」というくらいの音量で鳴らしたい。

アート・ブレイキーのMoanin’を鳴らす。
今回は、それだけがテーマである。

ネットワークは、前回と同じで直列型の6dBスロープである。

次回は6月6日(水曜日)。
場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

Date: 5月 3rd, 2018
Cate: audio wednesday

第89回audio wednesdayのお知らせ

6月のaudio wednesdayは、6日。
4月についで、今年二度目のぞろ目の日。

別項でこれから書く予定でいるが、
昨晩の会(テーマは「ネットワークの試み」)で、
直列型ネットワークの、これまで試していなかった結線方法で音を出した。

好結果と好感触が得られた。
なので次回からは、この直列型ネットワークと結線方法で、やっていく。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時開始です。

Date: 4月 29th, 2018
Cate: audio wednesday

第88回audio wednesdayのお知らせ(ネットワークの試み)

5月2日(水曜日)のaudio wednesdayは、
前回、前々回とトラブルが続いたことで延び延びになっているネットワークの試みが、
テーマでの音出し(三度目の正直)である。

直列型ネットワークと、これまで試してこなかった結線によるネットワークの試みであり、
この「ネットワークの試み」は、年内にあと一回か二回はやりたいと考えている。

次回(おそらく夏以降)の「ネットワークの試み」は、
直列型ではなく、並列型での実験を考えている。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時開始です。

Date: 4月 5th, 2018
Cate: audio wednesday

第88回audio wednesdayのお知らせ

昨晩のaudio wednesdayは、アンプにトラブルが発生して音を出せなかった。
ネットワークの試みは、今回もできなかった。

5月は2日(水曜日)で、音出しの予定である。
スピーカーのホーン周辺が少し変化している予定である。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時開始です。

Date: 4月 2nd, 2018
Cate: audio wednesday

第87回audio wednesdayのお知らせ(YUME DE AETARA)

喫茶茶会記が入っているビルは、あまり断熱性が高くないようだ。
寒い時期は、エアコンとガスファンヒーターを使うこともある。
暑い時期になればエアコンはかかせない。

無音のエアコンがあればいいのだが、そんなものはないわけで、
曲によってエアコンを一時的に止めることもある。

けれど冬だとみるみる温度は下がっていくことがある。
もう少し長い時間、エアコンを止めていられれば……、と何度思ったことか。

4月になった。
ここ数日暖かい。
第一水曜日の4日も、かなり暖かいようだ。
ようやく暖房を使わずに音を出せる時期になった。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時開始です。

Date: 3月 28th, 2018
Cate: audio wednesday

第87回audio wednesdayのお知らせ(YUME DE AETARA)

一週間後(4月4日)のaudio wednesdayのテーマは、
「ネットワークの試み」と「YUME DE AETARA」である。

前半は3月に時間の都合でできなかったネットワークの実験を、
後半は3月21日に発売された
EIICHI OHTAKI Song Book Ⅲ 大瀧詠一作品集Vol.3 「夢で逢えたら」(1976~2018)』を聴く。

それから今回はこれまで試みなかったセッティングも予定している。
喫茶茶会記にずっと以前からあるものを利用してのセッティングである。
よい方向へと変るか、それとも逆の方向へと変るのか──、
私はかなりよい方向への変化するとみているが、
こればかりは実際に音を鳴らしてみないことにはわからない。

どちらの方向へと変化しても、その変化量はけっこう大きいであろうし、
はっきりとした音の違いが聴きとれるはずだ。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時開始です。

Date: 3月 13th, 2018
Cate: audio wednesday

第87回audio wednesdayのお知らせ(YUME DE AETARA)

4月のaudio wednesdayのテーマは「ネットワークの試み」と、
先週書いたばかりだが、前半はネットワークの実験を行なって、
後半は3月21日に発売になる
EIICHI OHTAKI Song Book Ⅲ 大瀧詠一作品集Vol.3 「夢で逢えたら」(1976~2018)』を、
じっくり聴いていこう、と考えている。

「夢で逢えたら」一曲だけを、86テイク収めた二枚組のCD。
聴いていないカバーのほうが、多い。

すべてを聴いている人は少ないように思う。
これは聴いたことがある、
これ初めて、
意外にいいね、
そんなことを話ながら聴いていくのも、春だからいいように思う。

4月のaudio wednesdayは、4日。
場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時開始です。

Date: 3月 10th, 2018
Cate: audio wednesday

第86回audio wednesdayのこと

3月7日のaudio wednesdayのことを、
喫茶茶会記の福地さんが書かれている。

Pioneer PD-D9の天晴れ

Date: 3月 8th, 2018
Cate: audio wednesday

第87回audio wednesdayのお知らせ(ネットワークの試み)

別項「喫茶茶会記のスピーカーのこと」で書いているように、
昨晩のaudio wednesdayでは直列型ネットワークのバイワイヤリング化は試していない。

でも075の接続の仕方を変え、ドライバーのダイアフラムも交換し、
実験の状況はより整備されたといえる。

4月のaudio wednesdayでは、直列型ネットワークの実験がメインとなる。

4月のaudio wednesdayは、4日。
場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時開始です。

Date: 3月 3rd, 2018
Cate: audio wednesday

第86回audio wednesdayのお知らせ(チューニングの方向性)

今回のテーマである「チューニングの方向性」は、
2018年を通してのテーマであり、毎回のテーマというわけではない。

今回は、「さぐる」意味合いが濃い内容になると思う。
まだ具体的に、どういうふうにやっていくのかは決めていない。
おそらく当日、音を聴きながら考える、ということになりそうだし、
まとまらない音を鳴らす可能性もある。

今年最後のaudio wednesday(12月5日)には、
きちんとイタリアオペラが鳴るように仕上げていくつもりだが、
その過程を、何回か聴いてもらうことになる。

一年を通して使う(鳴らす)ディスクを決めておかねばならない。
イタリアオペラといっても、プッチーニ、ヴェルディだけではない。
レオンカバロ、マスカーニ、ベルリーニ、ジョルダーノなどのオペラもある。

でも、結局はカルロス・クライバーの「椿姫」にしようかと思っている。
常連の人の中には、あまり(ほとんど)オペラを聴かない人もいることを考慮し、
喫茶茶会記にもSACDの再生環境が整ったわけだし、
SACD盤であることも、クライバーの「椿姫」にしようとしている理由でもある。

黒田先生が「オペラへの招待」で、こう書かれている。
     *
 すぐれた指揮者による演奏できくと、アンニーナとヴィオレッタのやりとりのあいだに、ヴィオレッタがあんなにも待っていたアルフレードのきたことをしる。しだいに音量をましつつ、切迫していく音楽に耳をすますききては、病気で弱っているヴィオレッタの心臓が、いまにもはりさけそうに脈うっているのを感じる。そこで、ききては、自分がききてであることを忘れ、まるでヴィオレッタになったような気持でアルフレードの登場を待つ。
 凡庸な指揮者によった演奏では、そうはいかない。いかに目をも耳にしてきいても、ききては、そうか、アルフレードがきたのか、などと、平静でいられる。相思相愛のふたりが、やっとのことで誤解もとけ再会するのである。おまけにヴィオレッタの生命の火は、今にも消えようとしている。平静にきかれては困るところである。その部分をカルロス・クライバーの指揮した演奏できくと、思わず身をのりだし、緊張する。階段を駆けあがっているアルフレードの姿が、アンニーナがとめようとする手をふりきってベッドで身をおこそうとしているヴィオレッタの姿が、その音楽にみえてくる。オペラだけが味わわせてくれる、素晴らしい、感動的な一瞬である。
     *
この「素晴らしい、感動的な一瞬」をどれだけ再生できるかは、
いまのところなんともいえないが、12月には、そうありたい。

3月のaudio wednesdayは、7日。
場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時開始です。

Date: 3月 1st, 2018
Cate: audio wednesday

第86回audio wednesdayのお知らせ(チューニングの方向性)

さきほど書いた「ワグナーとオーディオ(余談・UREI Model 813とイタリアオペラ)」。
今年のaudio wednesdayの一年を通してのテーマは、これにしようと思う。

喫茶茶会記のスピーカーはUREIのModel 813ではないが、
アルテックのユニットを中心としたシステム。

これから先、Model 813を鳴らせる機会はそうそうないだろう。

UREIの800シリーズも、型番末尾にAがつくタイプまでは604を使っていたが、
Bがつくようになってアルテックではなくなっている。

811B、813BもUREIのスピーカーシステムであることには違いないが、
私の心の中では、813とは、やはり(というかどこか)違うスピーカーだ。

ならば、アルテックの、他のスピーカーでイタリアオペラをうまく鳴らせる方向に、
チューニングをしていきたい、と思う。

毎回、このテーマで行うわけではないし、
うまくいくかどうかもはっきりとはしないが、
チューニングのひとつの方向性として、イタリアオペラというのは挑戦しがいのあるテーマだ。

3月のaudio wednesdayは、7日。
場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時開始です。