Archive for category audio wednesday

Date: 5月 17th, 2017
Cate: audio wednesday

第77回audio wednesdayのお知らせ(THE DIALOGUE)

オーディオラボの「THE DIALOGUE」は、
ほんとうは5月のaudio wednesdayで、
アルゲリッチのチャイコフスキーのピアノ協奏曲とともに鳴らすつもりでいた。

ハイブリッド盤を注文していたけれど、届いたのはaudio wednesdayの二日後だった。
間にあわなかった。
なので、6月のaudio wednesdayは、「THE DIALOGUE」だけに的をしぼって音出しをしようと思う。

スピーカーのセッティングは、ここ数回はこれまでとは違うやり方をとっている。
今回は両方を試しながらも「THE DIALOGUE」を聴きながらのチューニングを予定している。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

Date: 5月 4th, 2017
Cate: audio wednesday

第77回audio wednesdayのお知らせ

6月のaudio wednesdayは、7日。

音出しの予定である。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

Date: 4月 28th, 2017
Cate: audio wednesday

第76回audio wednesdayのお知らせ(新アンプで鳴らす)

4月のaudio wednesdayのことは以前書いている。
六本木にあるハーマンインターナショナルのショールームに、
常連のAさんとKさんと一緒に行った後に、夜、audio wednesdayだった。

4月のaudio wednesdayは、Kさん一人だった。
それが理由ではないが、喫茶茶会記の通常のセッティングのままの音出しをした。

セッティングをするのが面倒に思えた、というよりも、
音出しが終った後の片付け、つまり通常のセッティングに戻すのが億劫に感じられて、
いつもの音を聴いているKさんだから……、ということに甘えていたところもあった。

音出しを行っていたのは、喫茶茶会記の三つある空間のLルームである。
その奥にSルームがあり、手前に喫茶室がある。

喫茶室には喫茶茶会記のお客さんが来られる。
この日も、来られていた。

Lルームは特別な遮音がなされているわけでなく、
喫茶室の方にも音は漏れる。

鳴っている音楽(音)に興味をもった人が、
ときどき覗かれることもある。
「いいですか」といって少しの間、聴いていかれる人もいる。
4月のaudio wednesdayの時もそうだった。
ちょうどバーンスタインの「トリスタンとイゾルデ」を鳴らしている時だった。

この時、反省していた。
こういうことがあるのはわかっていた。
だからきちんと鳴らしておくべきだった、と。

4月の音出しは、手抜きだった。
というよりも、何もしていなかった。
その音を聴かせてしまった、と反省している。

きちんとセッティングした音を聴いてもらっていたら、
オーディオを介して音楽を聴くことに興味を持ってもらえたかもしれない。

今後は、人が少なかろうと、
体調不良であろうと、億劫に感じるときでも、
きちんとしたセッティングをこころがける。

5月のaudio wednesdayは3日、夜7時から、
場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

Date: 4月 26th, 2017
Cate: audio wednesday

第76回audio wednesdayのお知らせ(新アンプで鳴らす)

5月のaudio wednesdayは3日。

喫茶茶会記のアンプが、
マッキントッシュのMA2275からMA7900に替っての一回目となる。

マッキントッシュのアンプというだけで、
一部のオーディオマニアは、どうせマッキントッシュだろう……、
そんなことをいう人がいる。

そういう人は続けて、こんなこともいう。
「代り映えしないだろう」と。

マッキントッシュのアンプは、古いモノも新しいモノも、
マッキントッシュのアンプという括りができるところは確かにある。

音は、聴かなければわからないものである。

同じマッキントッシュのアンプということで、予想がつくところはある。
その予想が大きくは外れていないであろう、ともいえる自信はある。
それでも、音は聴かなければわからないものであるし、
それでも初めて聴くオーディオ機器に接するのに、
斜に構えていて、何が楽しいのだろうか。

発見する楽しみを忘れてしまった聴き方は、不幸な聴き方でもある。

5月のaudio wednesdayは、まずMA7900の音とMA7900というアンプを楽しもう、と思う。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

Date: 4月 6th, 2017
Cate: audio wednesday

ショールーム訪問(その3)

松田聖子の歌でいちばん聴いているのは「ボン・ボヤージュ」だ。
この曲があるのを、Kさんがaudio wednesdayでかけられるまで知らなかった。

どんな内容の歌なのかはインターネットで検索すればすぐに表示される。
恋人の初めてのお泊りの歌詞である。

喫茶茶会記でのaudio wednesdayで、何度となく「ボン・ボヤージュ」を聴いて、
どうでもいい歌詞だな、と思わないわけではなかった。

私一人だけがそう思っていたわけではなかった。

Kさんは昨日も「ボン・ボヤージュ」だった。
「ボン・ボヤージュ」でハーマンインターナショナルのショールームでの試聴ははじまり、
最後にかけたのも「ボン・ボヤージュ」だった。

電源はあらかじめ入れられていても、音を鳴られていたわけではないようで、
ウォームアップの時間は、やはり必要だった。

最初に鳴った「ボン・ボヤージュ」と最後に鳴らした「ボン・ボヤージュ」は同じ音ではない。

ハーマンインターナショナルの女性のスタッフも、
「ボン・ボヤージュ」は初めて聴かれたようだった。

最後に「ボン・ボヤージュ」の歌詞についての感想を述べられた。
ここでは書かないが、そういう受けとめ方は、我ら三人にはまったくなくて、
とても新鮮に感じた。

女性で母親という立場での「ボン・ボヤージュ」の聴き方。
今回得られたもので、いちばん大きいものといえる。

Date: 4月 6th, 2017
Cate: audio wednesday

ショールーム訪問(その2)

デジタル信号の伝送には、有線と無線とがある。
良質のケーブルを使っての有線接続が、
どんな規格の無線接続よりも音質は優れている、と一刀両断する人は、いる。

いまのところ、確かにそうであろうが、
これからは先はわからない。

同じソースを、ディスク、USB、有線接続、無線接続と試聴して、
本来ならば音の印象を述べるべきであるが、
今回はBluetoothのことなどまったく考えてもいなくて、
マークレビンソンのD/Aコンバーターを前にして、急に試してみたくなったので、
いいわけがましいが、厳密な試聴をしての印象ではない。

それでも、これだけの音で鳴るのか、というきが第一印象だった。
簡単に接続でき、iPhoneそのものが音源であると同時に、リモコン的でもある。

こんなに簡単に(安易に)、これだけの音が鳴るのか、と思うはずだ。
もちろん気になる点もあった。

これから改善されていくのかどうか、どこに問題があるのかは、
今回の試聴だけはなんともいえないが、
あなどれないな、というのが正直な感想である。

ハーマンインターナショナルのショールームの音は、まだまだと感じた。
以前知人宅で DD66000のセッティングをいくつか試した印象からすれば、
相当によくなるはずなのに……、と思うけれど、楽しい一時間半が過せた。

得るものがあった。

Date: 4月 6th, 2017
Cate: audio wednesday

ショールーム訪問(その1)

昨日のaudio wednesdayは、実は二部構成だった。
喫茶茶会記での19時からの回の前に、
常連のAさんとKさんの三人で、
六本木ミッドタウンにあるハーマンインターナショナルのショールームに行っていた。

メーカー、輸入元のショールームに行って音を聴くのはひさしぶりである。

ハーマンインターナショナルのショールームは、ハーマンストアの奥にある。
ハーマンストアが出来たばかりの頃、行っている。
ショールームには入らなかったが、意外に狭いな、とその時思っていた。

そんなこともあって、さほど期待していたわけでもなかった。
それでもJBLのフラッグシップモデルDD67000と、
マークレビンソンのフルシステムというのは、やはり聴いておきたい。

特にインターナショナルオーディオショウに、
ハーマンインターナショナルが出展しなくなっているのだから。

ショールームの予約はAさんがやってくれた。
時間は一時間。
ハーマンインターナショナルのスタッフが立ち会われる。

通常はオーディオに詳しい方なのだそうだが、昨日はたまたま休まれているとのことで、
女性のスタッフだった。

マークレビンソンのプレーヤーシステムは、各種フォーマットに対応している。
Kさんは持参されたCDを聴かれた。
AさんはCD、SACD、それからUSBを聴かれた。
私は、というと、CDは持ってきていたが、Bluetoothに対応しているとのことで、
こういうシステムで、いったいどの程度のクォリティで鳴るのか、
その興味の方がまさり、CDは聴かずに、iPhoneに入れているソースを聴いた。

iPhoneに入れているとはいえ、圧縮はしておらず、すべてAIFFでリッピングしたものだ。
マークレビンソンのD/Aコンバーターのン指揮はすんなりいった。
拍子抜けするくらい簡単である。

肝心なのは音である。

Date: 4月 6th, 2017
Cate: audio wednesday

第76回audio wednesdayのお知らせ(新アンプで鳴らす)

5月のaudio wednesdayは3日。
昨晩は喫茶茶会記のアンプ(マッキントッシュMA2275)の故障のため、
岩野氏製作のパワーアンプと、MA2275のプリアンプ部のみを使って鳴らした。

写真で見るよりもコンパクトなアンプだった。
音については、比較対象となるアンプがなかったのと、
いつもと違うセッティング(通常の喫茶茶会記のセッティング)だったため、
正確な音の把握はできていないし、
このアンプで商売をされているわけではなさそうだから、ここでそのアンプの音の詳細を書くつもりはない。

結局、MA2275は修理は行わず、新しいアンプへ入れ替えるとのこと。
MA2275は同じ個所がこれまでにも何度か故障していたらしい。
これは、MA2275に共通することなのか、
それとも喫茶茶会記にある個体だけの問題なのかははっきりとしない。

新しいアンプは、同じマッキントッシュのMA7900である。
2014年に登場しているから、新製品というわけではない。
MA2275が型番からわかるようにMC275のプリメインアンプ版といえそうなアンプに対し、
MA7900はトランジスターで、出力も二倍以上に増している。

機能面でもMCカートリッジ用のヘッドアンプ、
D/Aコンバーターも搭載している。
トーンコントロールもMA2275は2バンドだったが、5バンドになっている。
バランス入力も持ち、MA2275同様、プリ・パワーを分離できる。

デジタル入力はUSBも備えているし、
同軸・光入力では16ビット、24ビット、サンプリング周波数は32kHzから96kHzまで、
USBでは32ビット、192kHzまで対応している。

内蔵D/Aコンバーターの実力がどの程度なのかは知らないが、
audio wednesdayをやっていくうえで、これらの機能は有用である。

5月のaudio wednesdayは、まずMA7900の音とMA7900というアンプを楽しもう、と思う。

Date: 4月 4th, 2017
Cate: audio wednesday

第75回audio wednesdayのお知らせ(自作アンプを聴く)

4月5日のaudio wednesdayは「結線というテーマ」を予定していたが、
喫茶茶会記のアンプ(マッキントッシュのMA2275)が故障、
音無しでやる予定だったが、代りのアンプが届いた、とのこと。

写真だけで、詳細はあえてきかなかった。
写真には両側にヒートシンクをもつパワーアンプと、
その上にパッシヴアッテネーターらしきモノが写っていた。

岩野製アンプ、とのことだ。
製作者であろう岩野氏がどういう人なのか、まったく知らない。
あえてインターネットでも検索しなかった。

まったく情報のないままに、その岩野製アンプを聴いてみたいからだ。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

Date: 3月 30th, 2017
Cate: audio wednesday

第75回audio wednesdayのお知らせ

4月5日のaudio wednesdayは「結線というテーマ」を予定していたが、
喫茶茶会記のアンプ(マッキントッシュのMA2275)が故障してしまい、
来週の水曜日までには修理が間に合わないであろう、ということで、
いまのところテーマは未定である。

音を出すのかどうかも、だからはっきりしていない。
音を出すにしても、テーマは変るかもしれない。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

Date: 3月 2nd, 2017
Cate: audio wednesday

第75回audio wednesdayのお知らせ(結線というテーマ)

4月のaudio wednesdayは、5日だ。

やりたいことはいくつかある。
いまのところ、ふたつのうちのどちらかをやろうと考えている。
セッティングの中の、結線に関することをテーマにする予定だ。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

Date: 2月 23rd, 2017
Cate: audio wednesday

第74回audio wednesdayのお知らせ(雑談をするかのような……)

2017年のaudio wednesdayでやりたいことはいくつかはっきりとある。
準備が必要となり、その準備が私ひとりでできるものもあればできないものもあるので、
すべてが2017年中にやれるわけではない。

3月1日のaudio wednesdayも、ひとつやりたいテーマがあったけれど、
ちょっと準備不足なので、4月以降にやる予定でいる。

なので今回はあえてテーマを決めずに、雑談をするかのような音出しにしようと考えている。
CDでの音出しの予定でいる。
CDに限らず、これを鳴らしてみたいというモノがあったら、持ち込み歓迎。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

Date: 2月 4th, 2017
Cate: audio wednesday

第74回audio wednesdayのお知らせ

3月1日のaudio wednesdayのテーマは未定です。
音出しの予定ですが、アナログディスクでの音出しになるか、
それともCDによる音出しかは、まだ決めていません。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

Date: 1月 27th, 2017
Cate: audio wednesday

第73回audio wednesdayのお知らせ(アナログディスク再生・序夜)

2月1日のaudio wednesdayは、アナログディスク再生・序夜である。

喫茶茶会記のアナログプレーヤー(ガラード401にオルトフォンSPUとRMG309の組合せ)で、
当日鳴ってきた音を聴いて、やれることをやっていく。

昨年の音出しでは、CDプレーヤーかパソコンを使ってだった。
アナログプレーヤーは今回は初めて鳴らす。

喫茶茶会記の通常のセッティングの音は短い時間ではあるが聴いている。
セッティングはかなり違うわけだから、初めて聴くようなものである。

私はスピーカーのセッティングに必要なモノを持参するために、
アナログディスクまで持っていくつもりはない。

喫茶茶会記にあるアナログディスクはジャズが中心である。
だから聴きたいものがあれば、アナログディスクは持参していただきたい。
アナログプレーヤー関連のアクセサリーもどうぞ。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。

Date: 1月 17th, 2017
Cate: audio wednesday

第73回audio wednesdayのお知らせ(アナログディスク再生・序夜)

喫茶茶会記のCDプレーヤーは、ラックスのD38uである。
このCDプレーヤー、音質のためなのだろうが、サーボのかけ方をあえて弱くしているようだ。
CD再生中はちょっと手が当っただけで音飛びがおこる。

先日も喫茶茶会記の店主・福地さんのおすすめのCDを鳴らしていたら、
途中で音飛びが連続して発生し、先へと進めない。
この時は手が当ったわけではなく、ディスクについたキズが原因だった。

盤面をみると、キズは多いが、
大半のCDプレーヤーならは音飛びせずに再生できる程度であり、
喫茶茶会記のもう一台のCDプレーヤーでは音飛びが発生することはない。

CDプレーヤーの初期のモデルは、サーボがかなり強くかけられていた。
けれどサーボがCDの音に与える影響がわかってくると、
サーボのかけ方を弱くするメーカーも出てくようになった。

それでもすべてのCDが再生できればいい。
けれど実際にはそうではない。
ならば盤面にキズをつけないように注意すれば済む話かといえば、
たとえばそういう盤面であっても、どうしても聴きたいCDを中古で見つけたならば、買ってしまう。
それがきちんと再生できないCDプレーヤーがあるわけだ。

それにCDの寿命の問題もある。
読み込めなくなったCDを持っている人もいる。

音質のためにサーボを弱くするのは理解できる。
けれど、世の中にはそれで再生できるCDばかりではない。

アナログディスク再生であれば、なんとかできるのに、
CDプレーヤーはいわばブラックボックス的であり、何の手も下せない。
せめてサーボの強弱をユーザーが選択できるようになっていれば、
キズの多いディスク再生時には、一時的にサーボを強くかけて、ということもできる。

でも、そんな機能はD38uにはない。
同じ趣旨のことを「井上卓也氏のこと(その25)」で書いている。

アナログディスク再生は、ブラックボックス的ではない。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。