Archive for category audio wednesday

Date: 6月 8th, 2019
Cate: audio wednesday

第102回audio wednesdayのお知らせ(ラジカセ的音出し)

ラジカセといえば、ひとつ、書き忘れていたことがある。
ドルビーのことである。

はっきりと思い出せないのだが、
あのころ(1974年ごろ)のラジカセ(モノーラル)に、ドルビーはついていたのか。
なぜか思い出せない。

このころのミュージックテープは、ドルビーが使われていなかった。
ミュージックテープにドルビーが使われるようになったのは、1980年ごろからか。

ミュージッテープを購入して聴くときはドルビーは関係ない。
テープヒスがストレートに出てくる。

実というと、ドルビーがかけられているミュージックテープは一度も聴いたことがない。
私が中学生のころ聴いていたミュージックテープは、
すべてドルビーなしだった。

十年ほど前に、グラシェラ・スサーナのミュージックテープを、何本かヤフオクで入手した。
聴く予定もなかったが、安かったからだ。

当時ミュージッテープの価格は、一本3,000円超えていた。
それが中古になって、一本百円から数百円程度で入手できた。

高校生になりカセットデッキを購入してからはドルビーは使っていた。

なので私にとって、ラジカセはドルビーなし、
カセットデッキはドルビーあり、というイメージがいまも残っている。

Date: 6月 7th, 2019
Cate: audio wednesday

第102回audio wednesdayのお知らせ(ラジカセ的音出し)

ラジカセといえば、私にとってはカセットテープのモノーラル再生である。
私が中学一年(1974年)のころ、
ステレオのラジカセはあったのだろうか。

あったのかもしれないが、中学生が小遣いを貯めた程度では手の届かないモノだったはずだ。
当時の中学生の私に買える範囲のラジカセは、すべてモノーラルだった。

私が買った(買えた)ラジカセは、だからモノーラルだった。
そのためだろう、私にはラジカセ的音出しとなると、
まずモノーラルによる音出しが浮ぶ。

ステレオラジカセが当り前になって、
最初のラジカセはステレオだった、という世代は、
私の世代よりもどのくらい下になるのだろうか。

五年くらいか、それとも十年くらいなのか。

それにスピーカーはフルレンジだけだった。
トゥイーターがついた2ウェイ仕様が標準のようになったのは、いつからだったのか。

フルレンジでモノーラルで、カセットテープの再生。
これが私のラジカセ的音出しということになる。

Date: 6月 6th, 2019
Cate: audio wednesday

第102回audio wednesdayのお知らせ(ラジカセ的音出し)

昨晩、喫茶茶会記に行ったら、
グッドマンのスピーカーシステムが一本だけ置いてあった。
店主の福地さんによると、戻ってきたモノ、とのこと。

以前audio wednesdayで鳴らしたグッドマンとは、別のグッドマンのスピーカーシステムである。
一本だけである。
モノーラル再生しかできないけれど、見ていて、それもいいかなぁ、と思えてきた。

私と同世代、近い世代の人にとって、ラジカセは音楽を聴く道具の出発点であったと思う。
その前に、ラジオがあっただろうけれど、ラジオは好きな時に好きな音楽を聴けるわけではない。

カセットテープに録音しておけば、聴きたい時に聴ける──、
そういう意味での出発点である。

喫茶茶会記には、ソニーのカセットデッキがある。
マッキントッシュのMA7900はモノーラルスイッチがついている。
ならばモノーラル出力にして、グッドマンのスピーカーを一本だけ鳴らす。

もちろんソースはカセットテープである。
ミュージックテープでもいいし、自分で録音したテープでもいい。

なんらかの音楽が録音をされたカセットテープを持ち寄っての音出しを、
7月のaudio wednesdayでやろう、と考えている。

7月のaudio wednesdayは、3日。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 6月 1st, 2019
Cate: audio wednesday

第101回audio wednesdayのお知らせ(Over The Rainbow)

今月のaudio wednesdayは、5日。
テーマの一つは、“Over The Rainbow”を聴く、である。

今年秋公開の映画「JUDY」の予告編を見てのテーマである。

“Over The Rainbow”には、実に多くのカバーがある。
私が持っていくのは、“JUDY AT CARNEGIE HALL”であり、
常連のTさんは、江利チエミによるカバーを持ってくる、とのこと。

どれだけの“Over The Rainbow”が集まるのかはわからない。
意外に少ないかもしれないし、多いかもしれない。

それから、今回からCDプレーヤーのMCD350の電源コードを自作のモノに交換する予定でいる。
3月に持っていった電源コードの長さが違うだけである。

これまでMCD350の電源はテーブルタップを介して、だった。
できれば壁のコンセントから直接取りたいけれど、
喫茶茶会記の場合、コンセントの数が少なく、しかも受けが一口しかないところもあって、
MCD350の電源は隣の部屋からとることになり、
一般的な長さの電源コードだと短すぎるからだ。

3月の電源コードの評価は良かったから、今回は三倍ほどに長くして、
壁のコンセントから取れるようにする。

これだけの変更だが、小さくない音の変化があるはずだ。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 5月 12th, 2019
Cate: audio wednesday

第101回audio wednesdayのお知らせ(Over The Rainbow)

audio wednesdayは、毎月第一水曜日なのだから、
1日から7日のどこかになるわけで、絶対にそれより後になることはない。

つまり6月10日になることは絶対にないわけだ。
ならば6月ということで、今回のテーマは“Over The Rainbow”を聴くにする。

1922年6月10日は、ジュディ・ガーランドの誕生日である。
今年秋には映画「JUDY」が公開される。

だから今回のテーマの一つとして、
“Over The Rainbow”のさまざまなカバーを持ち寄って聴きたい。

私が持っていくのは、“JUDY AT CARNEGIE HALL”である。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 5月 2nd, 2019
Cate: audio wednesday

第101回audio wednesdayのお知らせ

6月のaudio wednesdayは5日。
音出しの予定でいる。

テーマは一つ考えているのがあるけれど、
そのためには工作の時間と私のやる気が必要なので、どうなるかはなんともいえない。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 5月 1st, 2019
Cate: audio wednesday

第100回audio wednesdayのお知らせ(メリディアン 218を聴く)

今日(5月1日)のaudio wednesdayは、
メリディアンの218を聴く、がテーマである。

218は少し前に出た新製品である。
昨年9月のaudio wednesdayでメリディアンのULTRA DACを聴いて以来、
audio wednesdayで新製品を聴けることが、私自身、とても楽しみになってきている。

新製品を聴ける場所といえばオーディオ店、それからオーディオショウの会場がある。
オーディオショウでも新製品、
しかも登場したばかりの新製品が鳴っている。

鳴っているけれど、それを聴いた、とは言い難い面もある。
だからなのか、新製品をことさら聴いたという感じを、なかなか持てない。
持てないことが続く、というか、それが当り前のようになっているから、
新製品を聴くどきどき、わくわくという感情が伴わない。

一言でいえば、それほど楽しくない。
しばらく、そういう楽しい気持をあまり持てずにいた。

それがここに来て大きく変った。
メリディアンの製品ということだけで、新製品を聴く楽しみが、私のなかに戻ってきたわけではない。
もちろん、それもあるが、
自分の手で新製品を鳴らせる、というのが、私にとっていちばん大きなところなのだろう。

新製品とは未知の製品であり、未知の音である。
なのに聴く前からわかってます的な顔をする人がいないわけではない。
そんな顔(気持)で聴いても、
目の前にあるのは確かに新製品であっても、
そんな人には、どのようなモノをもってこようと新製品になりっこない。

未知の製品、未知の音に接する楽しさを、
数時間後にたっぷりと楽しめる。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 4月 23rd, 2019
Cate: audio wednesday

第100回audio wednesdayのお知らせ(メリディアン 218を聴く)

5月1日のaudio wednesdayでは、電源コード第二弾を持っていく予定でいる。
まだ作っていないけれど、今週末には作る予定だ。
ぎりぎり当日に作るかもしれないが、
3月のaudio wednesdayでの電源コードを聴いてもらって、
今回はマッキントッシュのMA7900用である。

前回作った電源コードだと少し細い。
もう少し太くしたい。

前々から目をつけていたケーブルが、今回の用途にぴったりと合う。
しかも価格もそう高くはない。

2月のaudio wednesdayで、ある海外メーカーの電源コードが持ち込まれた。
それに少しばかり刺戟を受けた。

欲しいとは思わなかったし、
その電源コードの良さも認めるけれど、
現在喫茶茶会記で使っているベルデンの電源コード(手を加えている)も悪くなかった。

それならば、と思い立ったわけだ。
メリディアンの218用も、実は用意している。
コネクターも買ってきている。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 4月 22nd, 2019
Cate: audio wednesday

第100回audio wednesdayのお知らせ(メリディアン 218を聴く)

5月1日のaudio wednesdayでは、
4月3日のaudio wednesdayと同じくブリテンのモーツァルトから始めようと考えている。

ステレオサウンドから出ているSACDとCDの二枚組。
5月のaudio wednesdayでは、
スチューダーのD731ではなくマッキントッシュのMCD350をトランスポートとして使う。

理由は218にはAES/EBUのデジタル入力がないし、
D731にはAES/EBUのデジタル出力しかないからだ。

なのでMCD350でブリテンのモーツァルトのSACDを聴き、
その次にCDを聴く。
CDはステレオサウンド盤とデッカ盤の二枚を聴く。

このあとに218を接続して、ここでもステレオサウンド盤とデッカ盤の両方を聴く。
これから先は、その場のノリで決めていく。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 4月 17th, 2019
Cate: audio wednesday

第100回audio wednesdayのお知らせ(メリディアン 218を聴く)

あと二週間で、令和になる。
二週間後の水曜日、audio wednesday。
ちょうど100回目である。

100回だからといって、特別なことをやるわけではない。
いつものようにやっていくだけではある。

それでも新元号の最初の日が、ちょうど100回目という偶然は、
これまで欠かさずやってきた者としては、ちょっぴり嬉しい。

しかもメリディアンの218を聴ける。
これまで三回聴いてきたメリディアンのULTRA DACは素晴らしい。
ずっと聴き続けていたい、と毎回思う。

それでもすぐに手を出せる価格ではない。
ULTRA DACを聴いた人は、
ポンと買える人を除けば、皆、もう少し手の出しやすい価格で──、と思っているはず。
私だってそう思う。

218の存在は気になっていた。
まだ聴いていない。
5月1日のaudio wednesdayで初めて聴く。

少し実験的な使いこなしをやってみようと考えている。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 4月 8th, 2019
Cate: audio wednesday

第100回audio wednesdayのお知らせ(メリディアン 218を聴く)

5月1日のaudio wednesdayは、メリディアンの218を聴く。
218で、私が聴きたいと思っているのは、ベンジャミン・ブリテンによる演奏だ。

以前書いているように、私はブリテンの演奏が好きである。
ブリテンのモーツァルト、バッハ、シューベルトも美しい、と思っている。

メリディアンもブリテンもイギリスである。
だから「三度ULTRA DAC」ではブリテンのモーツァルトをかけた。

もっとじっくりブリテンの演奏を聴きたい、と感じていた。
だから218でも、ブリテンを聴きたい、と思う。

2013年夏に、“BRITTEN THE PERFORMER”がデッカから出た。
27枚組の、このボックスは演奏家(指揮者、ピアニスト)としてのブリテンが聴ける。
このボックスについては、「BRITTEN THE PERFORMER」というタイトルで書いている。

218で、“BRITTEN THE PERFORMER”をじっくりと聴けたら、と思っている。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 4月 5th, 2019
Cate: audio wednesday

メリディアン ULTRA DACと青春の一枚(その4)

2016年1月から、audio wednesdayで音を鳴らすようになった。
2016年春に大滝詠一の「DEBUT AGAIN」が出た。

5月のaudio wednesdayだったと記憶しているが、その時に鳴らしている。
トゥイーターがJBLの075ではなく、グッドマンのDLM2だったし、
CDプレーヤーはラックスのD38u、アンプはマッキントッシュのMA2275だった。

ネットワークも現在使っているモノとは違っていた。
つまりかなり違っていたわけで、「DEBUT AGAIN」は満足のゆく音では鳴らなかった。

もっと、こう鳴るはずなのに……、というおもいはあったけれど、
まだまだシステム全体の整備をしているような段階だっただけに、内心口惜しいおもいだった。

それからほぼ三年。
「DEBUT AGAIN」をもう一度鳴らすことはしてこなかった。

今回も持っていくつもりはなかったけれど、
前日の夜、「DEBUT AGAIN」が目に留ってバッグの中にいれておいた。

4月3日のaudio wednesdayでは、
音出しの準備が終って最初にかけたのが、「DEBUT AGAIN」だった。
アンプもCDプレーヤーも電源をいれたばかりだったけれど、
三年前とはいろいろなところが変っている。

それにともない音も、当然のことながら変化している。
三年前とは違う。手応えのある音で一曲目の「熱き心に」が鳴ってきた。

だからメリディアンのULTRA DACにしてから、もう一度「DEBUT AGAIN」をかけた。
通常のCDなので、ULTRA DACのフィルターを三通り試した。

私は大滝詠一の熱心な聴き手ではなかったし、いまでもそうだとはいえない。
大滝詠一の歌(声)のイメージが、
しっかりと自分の裡にある、とは自信をもっていえないところもある。

それでもフィルターを変えていき、longでの音を聴いて、
大滝詠一の声はこれだ! と確信していた。

確信していただけに、確認したかった。
写真家の野上眞宏さんに聴いてもらうという確認が、いまではできる。

実を言うと、そろそろ野上さんが来られる時間だな、という頃合いに「DEBUT AGAIN」をかけた。
でもうまいこといかずに、かけ終ったころに来られた。

すぐに再度かけてもよかったけれど、
せっかくなので、アンプもULTRA DACも十分にウォームアップが済んでからにした。

Date: 4月 4th, 2019
Cate: audio wednesday
1 msg

第100回audio wednesdayのお知らせ(メリディアン 218を聴く)

昨晩(4月3日)のaudio wednesdayは、「三度ULTRA DAC 」だった。
昨晩のことは別項で書くつもりだが、
ULTRA DACは誰もがすぐに買えるような価格ではない。

ULTRA DACを聴いた人は、
それでは218というモデルはどうなんだろうか、と興味がわくのではないだろうか。

218は昨年登場したモデルだ。
見た目は、ULTRA DACを始めとするメリディアンの製品とは、やや違う。
素っ気なさすぎる外観である。

218のフロントパネルには、“218 Zone Controller”とある。
218は確かにD/Aコンバーターとしての機能をもつが、
D/Aコンバーターという括りだけで捉えては、218の理解は不十分なのかもしれない。

5月1日のaudio wednesdayでは、「メリディアン 218を聴く」がテーマである。
218は125,000円。
ULTRA DACの二十分の一である。

まだ聴いていないので断言こそできないが、
だからといってULTRA DACの二十分の一の実力しかないわけではない。
そうとうに高いポテンシャルを有している、とも期待している。

今回はZone Controlleとしての実力を聴くということにならない、と思う。
D/Aコンバーターとしての218をじっくりと聴く、ということになる、と思っている。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 4月 2nd, 2019
Cate: audio wednesday

第99回audio wednesdayのお知らせ(三度ULTRA DAC)

明日(4月3日)は、audio wednesday。
テーマは、いうまでもなく「三度(みたび)ULTRA DAC」である。

ULTRA DACに決ったのは、前回3月の会であった。
だから、それまでは、違うテーマを考えていた。

4月3日だから、43。
それに水曜日(wedneadya)で、頭文字はW。
Wはダブルでもあるわけだから、43がダブルで4343。
そんなダジャレのようなことを考えていた。

JBLの4343を、どこからか調達できれば4343を鳴らしたい、と思っていたが、
まず無理である。

次に考えたのは、春だから、春に関係する曲をかけよう、と。
ストラヴィンスキーの「春の祭典」でもいいし、
春を歌った日本語の歌、外国語の歌などをかけようかな、と考えていた。

どうしようかな、と迷っていたところに、ULTRA DACを聴けることになった。
二週間前に、「青春の一枚」といえる愛聴盤を、ULTRA DACで聴いてほしい、と書いた。

audio wednesdayに来られる方の青春時代は、
いわばアナログ録音時代である。
「青春の一枚」はアナログ録音のCD化ということになる。

ULTRA DACはMQAの再生も素晴らしい。
同じくらいに通常のCDの再生が、またいい。

アナログ録音のCDを、ULTRA DACで、一度聴いてほしい、と思っている。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 3月 30th, 2019
Cate: audio wednesday

第99回audio wednesdayのお知らせ(三度ULTRA DAC)

別項「必要とされる音(その12)」で、
Vitavoxがvitae vox(生命の音)から来ているのであれば、
Vitavoxで、カザルスを聴きたい、無性に聴きたい──、と書いた。

一年半ほど前に、そう書いた。
これを書いたほぼ一年後に、メリディアンのULTRA DACを聴いた。

だからいまは、こう書きたい。

Vitavoxがvitae vox(生命の音)から来ているのであれば、
VitavoxとULTRA DACとで、カザルスを聴きたい、無性に聴きたい──、と。

4月3日のaudio wednesdayは、「三度(みたび)ULTRA DAC」である。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。