Archive for category audio wednesday

Date: 8月 8th, 2019
Cate: audio wednesday, 会うこと・話すこと

会って話すと云うこと(audio wednesdayのこと・その2)

audio wednesdayでは、自作の直列型ネットワークを使用している。
通常は、コイズミ無線製のネットワークに私が手を加えたモノを使用している。

自作のネットワークで通常も鳴らしてほしい、と思いつつも、
そうしないのは、(その1)で書いた演劇の人たちの扱いのひどさだけが理由である。

演劇の人たちの扱いだと、二、三ヵ月でどこかおかしくされるはず。
半年と持たない、とみている。

そういう環境には置いておけない。
なので毎回ネットワークも交換するという面倒なことをしている。

ユニットには、それぞれCR方法を、audio wednesdayではやるけれど、
通常はやっていない。
以前は、やっていたけれど、コンデンサーのリード線を捥ぎ取られてしまったことが二回あった。

audio wednesday以外の日の音も、できるだけaudio wednesdayの音に近いものにしたい。
そう思っていても、演劇の人たちがいるかぎり無理である。

壊されても修理はできる。
壊されたのが一週間ほど前にわかれば、当日までに部品を調達して、ということもできるが、
すべて当日になって判明することだから、あーっ、またか……、と思うしかない。

昨晩もそうだった。
しかも自作ラインケーブルの第二弾も、暑さにまけて用意してこなかったので、
不本意な音で鳴らすしかないのか、
来てくれる人も、常連の人たちばかりだから、事情を説明すればわかってくれるだろう……、
そんな甘い考えをもっていた。

でも、おもしろいもので、そういう晩にかぎって、新しい人たちが三人も来てくださった。

Date: 8月 8th, 2019
Cate: audio wednesday

第104回audio wednesdayのお知らせ

9月のaudio wednesdayは、4日。
テーマは未定でも、音出しの予定。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 8月 8th, 2019
Cate: audio wednesday, 会うこと・話すこと

会って話すと云うこと(audio wednesdayのこと・その1)

昨晩のaudio wednesdayは、ちょっとしたトラブルから始まった。
毎回、スピーカーをふくめて、アンプ、CDプレーヤーすべての機器のセッティングを、
すべてやるわけだが、
アンプ、CDプレーヤーをラックからひっぱり出すために、裏にまわって驚いた。
ラインケーブルのコネクターが、一箇所、引きちぎられていた。

実は前回も、ラインケーブルに、何か硬い角のあるモノを落したような打痕があった。
喫茶茶会記では、いろんな催しが行われている。

定期的に演劇を行っている人たちは、
オーディオ機器を動かしている、という話は以前から聞いていた。
その扱いが゛そうとうに乱暴なことは、これまでにも気づいていた。

それでもCDプレーヤーとアンプを接続するケーブルまでは、
演劇の人たちによる被害を受けるとは、まったく思っていなかった。

オーディオにまったく関心ない人たちのオーディオ機器の扱いは、
人にもよるのはわかっているけれど、ひどいことがある。

もっともオーディオマニアを自称している人でも、
そんな持ち方をするのか……、と呆れるというか驚かされることはある。

二ヵ月続いて、ラインケーブルがけっこうな被害を受けている。
しかもaudio wednesdayの当日に判明するなのだから、
昨晩は、ケーブルの補修をやらなければならなかった。

しかも、必要な部品を用意していたわけではないから、応急措置でしかない。

打痕がついたケーブルは、4月から導入したもので、
打痕があったため、先月引き上げた。
なので、それ以前のケーブルを先月から接続していたのだが、それをダメにされた。

実をいうと、今回、ラインケーブルを自作して持ってくるつもりだった。
コネクターも買って、必要な加工もしていた。
でも、暑さに負けて、そこで止ってしまった。

Date: 8月 6th, 2019
Cate: audio wednesday

第103回audio wednesdayのお知らせ(Walls and GODZILLA KING OF THE MONSTERS)

明日(8月7日)のaudio wednesdayのテーマは、決めずにいく。

前回書いているように、バーブラ・ストライサンドの「Walls」は持っていく。
もう一枚、「GODZILLA KING OF THE MONSTERS」も持っていく。

なんの脈絡もないディスク選定である。

たまにはこういうのもいいのではないか。
(単に暑くて準備するのが面倒なだけ……かも)

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 7月 26th, 2019
Cate: audio wednesday

第103回audio wednesdayのお知らせ(Walls)

8月のaudio wednesdayは、7日。
二週間を切っているけれど、いまのところ、これといったテーマを考えついていない。

ただひとつ、持っていくCDの一枚だけは決めている。
バーブラ・ストライサンドの「Walls」である。
もう新譜とはいえないだろう。
昨年のアルバムなのだから。

でも、今回は、はっきりとした理由はなにもないけれど、
この「Walls」をかけたい──、それだけは思っている。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 7月 4th, 2019
Cate: audio wednesday

第103回audio wednesdayのお知らせ

8月のaudio wednesdayは、7日。
テーマは未定でも、音出しの予定。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 7月 2nd, 2019
Cate: audio wednesday

第102回audio wednesdayのお知らせ(ラジカセ的音出し)

カセットテープ全盛時代であれば、
カセットテープ、カセットデッキをテーマにした音出しならば、
あれもやってみよう、これも、といったふうに準備もできるけれど、
もういまやそんな時代ではない。

メタルテープは、新品はどこにも売っていない。
カセットデッキの新製品(といってもほとんどないが)にドルビーが搭載されなくなった。

ドルビーがドルビー用ICを製造しなくなったためである。
カセットテープの人気復活という記事を、昨年何度か目にしたけれど、
そういう状況下であることも事実だ。

つい数日前に思い出したのだが、
そういえは、瀬川先生が熊本のオーディオ店に定期的に来られていたとき、
カセットデッキの試聴の日があった。

今回はカセットか……、と思いながらも参加してみれば、やはり面白い。
どんなことをやられたのか憶えているけれど、
同じことをいまやるのは、ほんとうに大変である。

そしてもうひとつ思い出したのは、次の日のことだ。
瀬川先生の試聴会は、土日二日間行われていた。
土曜日がカセット、日曜日がトーレンスのREferenceを聴く、であった。

日曜日、その日の音、特に最後にかけられたストラヴィンスキーの「火の鳥」は凄かった。
けれど、瀬川先生はぐあいが悪そうだった。

いつもなら、終った後にリクエストに応じてくれたのに、
その日ばかりは、さーっと奥に戻られてしまった。

「火の鳥」が鳴っていた時も、顔色は悪かった。
店を出ると、駐車場から瀬川先生を乗せたクルマが出て行った。
後の座席でぐったりされていた瀬川先生の姿が、目に焼きついている。

カセットでの、こういう場での音出しというと、どうしてもおもいだす。

明日(3日)のaudio wednesdayは、カセットテープがテーマである。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 6月 26th, 2019
Cate: audio wednesday

第102回audio wednesdayのお知らせ(ラジカセ的音出し)

カセットテープによる音出しが、7月3日のaudio wednesdayのテーマなのだが、
どこか弱いなぁ、とは自分でも感じていた。

でも、昨晩のAV Watchに
ウォークマン40周年イベントが銀座で。歴代機登場、限定ブックレットも」という記事があった。

最初のウォークマン(TPS-L2)は、1979年7月1日に発売されている。
もう40年なのかぁ、と多くの人がおもっているのではないか。

1979年夏、高校二年生だった。
ウォークマンが出たのは、もちろん知っていた。

人気なのも知っていた。
でも、当時の高校生に、33,000円は、安い買物ではなかった。
同級生で持っていたのは、一人もいなかった。

1981年、東京に出てきてからである。
ウォークマンを電車や街中で見かけたのは。

欲しい、と思っていたけれど、それでも買えなかった。
ステレオサウンドで働くようになってからは、
ウォークマンくらいは買えたわけだが、
別項でも書いたように、編集部のSさんから第二世代のウォークマン(WM2)をもらった。

これが、私にとって初めてのウォークマンである。

Sさんは、初代ウォークマンも持っていて、
やっぱり初代のほうが音がいい、という理由で、WM2が不要になって、もらえたわけである。
1982年のことだから、ウォークマンの登場から三年である。

今回のaudio wednesdayは、3日だから、
ウォークマンの発売から40年と2日目である。

40年という歳月の長さからすれば、二日くらい誤差みたいなものだろう、と勝手に決めて、
単なる偶然とはいえ、今回はカセットテープに関係することでよかったなぁ、と思っている。

使用するカセットデッキはソニー製だ。
ミュージックテープ、自身で録音されたテープ、持ってきてください。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 6月 20th, 2019
Cate: audio wednesday

第102回audio wednesdayのお知らせ(ラジカセ的音出し)

7月3日のaudio wednesdayでは、カセットテープが音源となる一日である。
すでに書いているように、モノーラルでの音出しを考えている。

とはいえ、グラシェラ・スサーナのカセットテープをステレオで聴きたい、という気持は、
やはりある。

といっても、喫茶茶会記のアルテックのスピーカーで鳴らしたい、とは思わない。
別の、もっと小型のスピーカーでなら、ステレオラジカセ的音出しもできるような気もしなくはない。

いま手元に、ぴったりのスピーカーシステムがある。
大きくはないし、重くもない。

一本10kgを切る重量である。
電車で運べない重さではないし、大きさでもない。

それでも7月3日は夏、もしくは梅雨である。
天気がよくて、さほど暑くなくて、
それに持っていこうという気力の三つが揃ったら、
このスピーカーシステムを持って鳴らしたい、とも考えている。

カセットテープ全盛のころのスピーカーシステムである。

Date: 6月 8th, 2019
Cate: audio wednesday

第102回audio wednesdayのお知らせ(ラジカセ的音出し)

ラジカセといえば、ひとつ、書き忘れていたことがある。
ドルビーのことである。

はっきりと思い出せないのだが、
あのころ(1974年ごろ)のラジカセ(モノーラル)に、ドルビーはついていたのか。
なぜか思い出せない。

このころのミュージックテープは、ドルビーが使われていなかった。
ミュージックテープにドルビーが使われるようになったのは、1980年ごろからか。

ミュージッテープを購入して聴くときはドルビーは関係ない。
テープヒスがストレートに出てくる。

実というと、ドルビーがかけられているミュージックテープは一度も聴いたことがない。
私が中学生のころ聴いていたミュージックテープは、
すべてドルビーなしだった。

十年ほど前に、グラシェラ・スサーナのミュージックテープを、何本かヤフオクで入手した。
聴く予定もなかったが、安かったからだ。

当時ミュージッテープの価格は、一本3,000円超えていた。
それが中古になって、一本百円から数百円程度で入手できた。

高校生になりカセットデッキを購入してからはドルビーは使っていた。

なので私にとって、ラジカセはドルビーなし、
カセットデッキはドルビーあり、というイメージがいまも残っている。

Date: 6月 7th, 2019
Cate: audio wednesday

第102回audio wednesdayのお知らせ(ラジカセ的音出し)

ラジカセといえば、私にとってはカセットテープのモノーラル再生である。
私が中学一年(1974年)のころ、
ステレオのラジカセはあったのだろうか。

あったのかもしれないが、中学生が小遣いを貯めた程度では手の届かないモノだったはずだ。
当時の中学生の私に買える範囲のラジカセは、すべてモノーラルだった。

私が買った(買えた)ラジカセは、だからモノーラルだった。
そのためだろう、私にはラジカセ的音出しとなると、
まずモノーラルによる音出しが浮ぶ。

ステレオラジカセが当り前になって、
最初のラジカセはステレオだった、という世代は、
私の世代よりもどのくらい下になるのだろうか。

五年くらいか、それとも十年くらいなのか。

それにスピーカーはフルレンジだけだった。
トゥイーターがついた2ウェイ仕様が標準のようになったのは、いつからだったのか。

フルレンジでモノーラルで、カセットテープの再生。
これが私のラジカセ的音出しということになる。

Date: 6月 6th, 2019
Cate: audio wednesday

第102回audio wednesdayのお知らせ(ラジカセ的音出し)

昨晩、喫茶茶会記に行ったら、
グッドマンのスピーカーシステムが一本だけ置いてあった。
店主の福地さんによると、戻ってきたモノ、とのこと。

以前audio wednesdayで鳴らしたグッドマンとは、別のグッドマンのスピーカーシステムである。
一本だけである。
モノーラル再生しかできないけれど、見ていて、それもいいかなぁ、と思えてきた。

私と同世代、近い世代の人にとって、ラジカセは音楽を聴く道具の出発点であったと思う。
その前に、ラジオがあっただろうけれど、ラジオは好きな時に好きな音楽を聴けるわけではない。

カセットテープに録音しておけば、聴きたい時に聴ける──、
そういう意味での出発点である。

喫茶茶会記には、ソニーのカセットデッキがある。
マッキントッシュのMA7900はモノーラルスイッチがついている。
ならばモノーラル出力にして、グッドマンのスピーカーを一本だけ鳴らす。

もちろんソースはカセットテープである。
ミュージックテープでもいいし、自分で録音したテープでもいい。

なんらかの音楽が録音をされたカセットテープを持ち寄っての音出しを、
7月のaudio wednesdayでやろう、と考えている。

7月のaudio wednesdayは、3日。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 6月 1st, 2019
Cate: audio wednesday

第101回audio wednesdayのお知らせ(Over The Rainbow)

今月のaudio wednesdayは、5日。
テーマの一つは、“Over The Rainbow”を聴く、である。

今年秋公開の映画「JUDY」の予告編を見てのテーマである。

“Over The Rainbow”には、実に多くのカバーがある。
私が持っていくのは、“JUDY AT CARNEGIE HALL”であり、
常連のTさんは、江利チエミによるカバーを持ってくる、とのこと。

どれだけの“Over The Rainbow”が集まるのかはわからない。
意外に少ないかもしれないし、多いかもしれない。

それから、今回からCDプレーヤーのMCD350の電源コードを自作のモノに交換する予定でいる。
3月に持っていった電源コードの長さが違うだけである。

これまでMCD350の電源はテーブルタップを介して、だった。
できれば壁のコンセントから直接取りたいけれど、
喫茶茶会記の場合、コンセントの数が少なく、しかも受けが一口しかないところもあって、
MCD350の電源は隣の部屋からとることになり、
一般的な長さの電源コードだと短すぎるからだ。

3月の電源コードの評価は良かったから、今回は三倍ほどに長くして、
壁のコンセントから取れるようにする。

これだけの変更だが、小さくない音の変化があるはずだ。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 5月 12th, 2019
Cate: audio wednesday

第101回audio wednesdayのお知らせ(Over The Rainbow)

audio wednesdayは、毎月第一水曜日なのだから、
1日から7日のどこかになるわけで、絶対にそれより後になることはない。

つまり6月10日になることは絶対にないわけだ。
ならば6月ということで、今回のテーマは“Over The Rainbow”を聴くにする。

1922年6月10日は、ジュディ・ガーランドの誕生日である。
今年秋には映画「JUDY」が公開される。

だから今回のテーマの一つとして、
“Over The Rainbow”のさまざまなカバーを持ち寄って聴きたい。

私が持っていくのは、“JUDY AT CARNEGIE HALL”である。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 5月 2nd, 2019
Cate: audio wednesday

第101回audio wednesdayのお知らせ

6月のaudio wednesdayは5日。
音出しの予定でいる。

テーマは一つ考えているのがあるけれど、
そのためには工作の時間と私のやる気が必要なので、どうなるかはなんともいえない。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。