Archive for category audio wednesday

Date: 4月 23rd, 2019
Cate: audio wednesday

第100回audio wednesdayのお知らせ(メリディアン 218を聴く)

5月1日のaudio wednesdayでは、電源コード第二弾を持っていく予定でいる。
まだ作っていないけれど、今週末には作る予定だ。
ぎりぎり当日に作るかもしれないが、
3月のaudio wednesdayでの電源コードを聴いてもらって、
今回はマッキントッシュのMA7900用である。

前回作った電源コードだと少し細い。
もう少し太くしたい。

前々から目をつけていたケーブルが、今回の用途にぴったりと合う。
しかも価格もそう高くはない。

2月のaudio wednesdayで、ある海外メーカーの電源コードが持ち込まれた。
それに少しばかり刺戟を受けた。

欲しいとは思わなかったし、
その電源コードの良さも認めるけれど、
現在喫茶茶会記で使っているベルデンの電源コード(手を加えている)も悪くなかった。

それならば、と思い立ったわけだ。
メリディアンの218用も、実は用意している。
コネクターも買ってきている。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 4月 22nd, 2019
Cate: audio wednesday

第100回audio wednesdayのお知らせ(メリディアン 218を聴く)

5月1日のaudio wednesdayでは、
4月3日のaudio wednesdayと同じくブリテンのモーツァルトから始めようと考えている。

ステレオサウンドから出ているSACDとCDの二枚組。
5月のaudio wednesdayでは、
スチューダーのD731ではなくマッキントッシュのMCD350をトランスポートとして使う。

理由は281にはAES/EBUのデジタル入力がないし、
D731にはAES/EBUのデジタル出力しかないからだ。

なのでMCD350でブリテンのモーツァルトのSACDを聴き、
その次にCDを聴く。
CDはステレオサウンド盤とデッカ盤の二枚を聴く。

このあとに281を接続して、ここでもステレオサウンド盤とデッカ盤の両方を聴く。
これから先は、その場のノリで決めていく。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 4月 17th, 2019
Cate: audio wednesday

第100回audio wednesdayのお知らせ(メリディアン 218を聴く)

あと二週間で、令和になる。
二週間後の水曜日、audio wednesday。
ちょうど100回目である。

100回だからといって、特別なことをやるわけではない。
いつものようにやっていくだけではある。

それでも新元号の最初の日が、ちょうど100回目という偶然は、
これまで欠かさずやってきた者としては、ちょっぴり嬉しい。

しかもメリディアンの218を聴ける。
これまで三回聴いてきたメリディアンのULTRA DACは素晴らしい。
ずっと聴き続けていたい、と毎回思う。

それでもすぐに手を出せる価格ではない。
ULTRA DACを聴いた人は、
ポンと買える人を除けば、皆、もう少し手の出しやすい価格で──、と思っているはず。
私だってそう思う。

218の存在は気になっていた。
まだ聴いていない。
5月1日のaudio wednesdayで初めて聴く。

少し実験的な使いこなしをやってみようと考えている。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 4月 8th, 2019
Cate: audio wednesday

第100回audio wednesdayのお知らせ(メリディアン 218を聴く)

5月1日のaudio wednesdayは、メリディアンの218を聴く。
218で、私が聴きたいと思っているのは、ベンジャミン・ブリテンによる演奏だ。

以前書いているように、私はブリテンの演奏が好きである。
ブリテンのモーツァルト、バッハ、シューベルトも美しい、と思っている。

メリディアンもブリテンもイギリスである。
だから「三度ULTRA DAC」ではブリテンのモーツァルトをかけた。

もっとじっくりブリテンの演奏を聴きたい、と感じていた。
だから218でも、ブリテンを聴きたい、と思う。

2013年夏に、“BRITTEN THE PERFORMER”がデッカから出た。
27枚組の、このボックスは演奏家(指揮者、ピアニスト)としてのブリテンが聴ける。
このボックスについては、「BRITTEN THE PERFORMER」というタイトルで書いている。

218で、“BRITTEN THE PERFORMER”をじっくりと聴けたら、と思っている。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 4月 5th, 2019
Cate: audio wednesday

メリディアン ULTRA DACと青春の一枚(その4)

2016年1月から、audio wednesdayで音を鳴らすようになった。
2016年春に大滝詠一の「DEBUT AGAIN」が出た。

5月のaudio wednesdayだったと記憶しているが、その時に鳴らしている。
トゥイーターがJBLの075ではなく、グッドマンのDLM2だったし、
CDプレーヤーはラックスのD38u、アンプはマッキントッシュのMA2275だった。

ネットワークも現在使っているモノとは違っていた。
つまりかなり違っていたわけで、「DEBUT AGAIN」は満足のゆく音では鳴らなかった。

もっと、こう鳴るはずなのに……、というおもいはあったけれど、
まだまだシステム全体の整備をしているような段階だっただけに、内心口惜しいおもいだった。

それからほぼ三年。
「DEBUT AGAIN」をもう一度鳴らすことはしてこなかった。

今回も持っていくつもりはなかったけれど、
前日の夜、「DEBUT AGAIN」が目に留ってバッグの中にいれておいた。

4月3日のaudio wednesdayでは、
音出しの準備が終って最初にかけたのが、「DEBUT AGAIN」だった。
アンプもCDプレーヤーも電源をいれたばかりだったけれど、
三年前とはいろいろなところが変っている。

それにともない音も、当然のことながら変化している。
三年前とは違う。手応えのある音で一曲目の「熱き心に」が鳴ってきた。

だからメリディアンのULTRA DACにしてから、もう一度「DEBUT AGAIN」をかけた。
通常のCDなので、ULTRA DACのフィルターを三通り試した。

私は大滝詠一の熱心な聴き手ではなかったし、いまでもそうだとはいえない。
大滝詠一の歌(声)のイメージが、
しっかりと自分の裡にある、とは自信をもっていえないところもある。

それでもフィルターを変えていき、longでの音を聴いて、
大滝詠一の声はこれだ! と確信していた。

確信していただけに、確認したかった。
写真家の野上眞宏さんに聴いてもらうという確認が、いまではできる。

実を言うと、そろそろ野上さんが来られる時間だな、という頃合いに「DEBUT AGAIN」をかけた。
でもうまいこといかずに、かけ終ったころに来られた。

すぐに再度かけてもよかったけれど、
せっかくなので、アンプもULTRA DACも十分にウォームアップが済んでからにした。

Date: 4月 4th, 2019
Cate: audio wednesday
1 msg

第100回audio wednesdayのお知らせ(メリディアン 218を聴く)

昨晩(4月3日)のaudio wednesdayは、「三度ULTRA DAC 」だった。
昨晩のことは別項で書くつもりだが、
ULTRA DACは誰もがすぐに買えるような価格ではない。

ULTRA DACを聴いた人は、
それでは218というモデルはどうなんだろうか、と興味がわくのではないだろうか。

218は昨年登場したモデルだ。
見た目は、ULTRA DACを始めとするメリディアンの製品とは、やや違う。
素っ気なさすぎる外観である。

218のフロントパネルには、“218 Zone Controller”とある。
218は確かにD/Aコンバーターとしての機能をもつが、
D/Aコンバーターという括りだけで捉えては、218の理解は不十分なのかもしれない。

5月1日のaudio wednesdayでは、「メリディアン 218を聴く」がテーマである。
218は125,000円。
ULTRA DACの二十分の一である。

まだ聴いていないので断言こそできないが、
だからといってULTRA DACの二十分の一の実力しかないわけではない。
そうとうに高いポテンシャルを有している、とも期待している。

今回はZone Controlleとしての実力を聴くということにならない、と思う。
D/Aコンバーターとしての218をじっくりと聴く、ということになる、と思っている。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 4月 2nd, 2019
Cate: audio wednesday

第99回audio wednesdayのお知らせ(三度ULTRA DAC)

明日(4月3日)は、audio wednesday。
テーマは、いうまでもなく「三度(みたび)ULTRA DAC」である。

ULTRA DACに決ったのは、前回3月の会であった。
だから、それまでは、違うテーマを考えていた。

4月3日だから、43。
それに水曜日(wedneadya)で、頭文字はW。
Wはダブルでもあるわけだから、43がダブルで4343。
そんなダジャレのようなことを考えていた。

JBLの4343を、どこからか調達できれば4343を鳴らしたい、と思っていたが、
まず無理である。

次に考えたのは、春だから、春に関係する曲をかけよう、と。
ストラヴィンスキーの「春の祭典」でもいいし、
春を歌った日本語の歌、外国語の歌などをかけようかな、と考えていた。

どうしようかな、と迷っていたところに、ULTRA DACを聴けることになった。
二週間前に、「青春の一枚」といえる愛聴盤を、ULTRA DACで聴いてほしい、と書いた。

audio wednesdayに来られる方の青春時代は、
いわばアナログ録音時代である。
「青春の一枚」はアナログ録音のCD化ということになる。

ULTRA DACはMQAの再生も素晴らしい。
同じくらいに通常のCDの再生が、またいい。

アナログ録音のCDを、ULTRA DACで、一度聴いてほしい、と思っている。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 3月 30th, 2019
Cate: audio wednesday

第99回audio wednesdayのお知らせ(三度ULTRA DAC)

別項「必要とされる音(その12)」で、
Vitavoxがvitae vox(生命の音)から来ているのであれば、
Vitavoxで、カザルスを聴きたい、無性に聴きたい──、と書いた。

一年半ほど前に、そう書いた。
これを書いたほぼ一年後に、メリディアンのULTRA DACを聴いた。

だからいまは、こう書きたい。

Vitavoxがvitae vox(生命の音)から来ているのであれば、
VitavoxとULTRA DACとで、カザルスを聴きたい、無性に聴きたい──、と。

4月3日のaudio wednesdayは、「三度(みたび)ULTRA DAC」である。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 3月 24th, 2019
Cate: audio wednesday

第99回audio wednesdayのお知らせ(三度ULTRA DAC)

瀬川先生が「続コンポーネントステレオのすすめ」に書かれていることが、
そのままメリディアンのULTRA DACにもあてはまる。
     *
 さて、カートリッジに望む第二条件は、そうしてあらゆる音楽(レコード)をきちんと鳴らしてくれるばかりでなく、そこに、そのカートリッジでなくては聴けない音の魅力がなくてはならない。そうでなくて、どうして、そのカートリッジをあえて選ぶ理由があるのだろう。
 この音の魅力というのを、カートリッジの音のクセと混同して頂きたくない。あらゆる音楽に、その音楽固有の音色の魅力がある。それぞれに異なる音楽の魅力をうまく抽き出しながら、しかもつい聴き惚れてしまうほどの美しい音楽的なバランスの良さが必要だ。どことなく無機的な、いわゆる蒸留水のような音は私は最も嫌う。だいいち、もとの音楽には演奏家の心をこめた気迫もあれば、色や艶もあり、そこにかもし出されるえもいわれぬ深い味わいがある。そういう音楽の魅力を、まるで鳴らしてくれないカートリッジがある。低音から高音までフラットでバランスが良い。ひずみもきわめて少なく、トレースは全く安定していて、どんなレコードも心配なく鳴らしてくれるのに、その音に味わいも艶も余韻の微妙な美しさもなくて、ただ白痴のような美しさだけ聴かせる。そんなカートリッジはどこか間違っていると私は思う。いや、正しいか間違いかなどはこの際問題ではない。そういうカートリッジではレコードの世界の深さを聴き手に伝えてくれないから、思わず時のたつのを忘れてあとからあとからレコードを聴き耽るというような気持にさせてくれない。結構な音でございます、では音楽の魅力は伝わってこない。だが、そういう音だけのカートリッジが、世間では案外、良いカートリッジ、みたいに言われている。
     *
カートリッジをD/Aコンバーターに置き換えて読む。
《思わず時のたつのを忘れてあとからあとからレコードを聴き耽るというような気持にさせて》くれるのが、
ULTRA DACである。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 3月 19th, 2019
Cate: audio wednesday

第99回audio wednesdayのお知らせ(三度ULTRA DAC)

六日前に、愛聴盤をぜひ、と最後に書いた。

メリディアンのULTRA DAで愛聴盤を、ぜひ聴いてほしい、と思っている。
思っているけれど、一つ前の「老いとオーディオ(青春の一枚)」を書きながら、
できれば「青春の一枚」といえる愛聴盤を、ULTRA DACで聴いてほしい、と思っていた。

三度(みたび)ULTRA DACは、青春の一枚だったディスクをぜひ。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 3月 13th, 2019
Cate: audio wednesday

第99回audio wednesdayのお知らせ(三度ULTRA DAC)

audio wednesdayは、毎月第一水曜日だから、
次回までは四週間か五週間となる。

3月は6日、次回4月は3日。
四週間である。

あと三週間で、メリディアンのULTRA DACが聴ける。
これが、あと四週間でないのが、嬉しい。
わずか一週間の違いであっても、
待ち遠しい楽しみがある場合の一週間は長い、とても長く感じる。

三度(みたび)ULTRA DACまで、あと三週間だ。
ULTRA DACを聴くのは三度目になるから、
今回は少し実験的なことをしてみたい、と思っているけれど、
実際に三週間後、ULTRA DACの音を聴いていると、
そんなこと後回しでいいや、と思えてくる。

とにかく聴きたいディスクをじっくり聴きたい気持になってしまうからだ。
愛聴盤をぜひ。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 3月 7th, 2019
Cate: audio wednesday

第99回audio wednesdayのお知らせ(三度ULTRA DAC)

昨晩はaudio wednesdayだった。
毎回のことだが、終了後、後片づけ(セッティングをすべてバラす)すると、
喫茶茶会記を出るのは午前0時近い。

それから電車で帰宅。
最寄り駅に着くのは1時近い。
たいてい夕食をとっていないから、そんな時間に食事となる。
といっても、駅近くの店はほぼ閉まっていて、
結局はコンビニエンスストアで、売れ残っている弁当かサンドイッチか。

帰宅したらサッと食事をすませて入浴。
それでも寝るのは2時近くになる。

毎月第一水曜日はこんな感じだ。
慣れたといえばそうなのだが、
帰宅後にブログを書こうとは思わない。

翌日書けばいい、と思う。
けれど昨晩は、短いとはいえ、一本書いた。

4月のaudio wednesdayで、またメリディアンのULTRA DACが聴けるからだ。
夜中に更新したところで、そんな時間にブログにアクセスしている人はわずかだ。
それでも少しでも早く、読んでくださっている人たちに伝えたい、と思ってだ。

コメントがあるとは思っていなかった。
なのにコメントがあった。
森 孝光さんという方からだった。

北海道にお住まいで、4月のaudio wednesdayに来られる、とのこと。
森さんのULTRA DACへの興味が、そうさせるのだろう。

嬉しいことだ。
同時に、北海道ではULTRA DACを聴く機会がないのか……、とも思った。

そうなのかどうかはわからないが、
仮にそうだとして(そうでなければわざわざ東京まで来られないだろう)、
北海道だけのことではないはずだ、とも思う。

別項で書いているが、MQAをほぼ全否定する人がいるの知った。
その人一人だけでなく、MQAに非可逆圧縮が使われている──、
そのことだけでMQAを、音も聴かずに認めないという人たちがいることも知った。

残念なことに、そういう人たちの方が声が大きいし、多かったりする。
さも、自分たちは真実を知っている──、
そんなふるまいをする人たちだ。

そういう人たちはどうでもいい、と正直思っている。
でも、そういう人たちの声に惑わされてほしくない、と強く思う。

瀬川先生は辻説法をしたい、
「ぼくはいま辻説法をしたいような、なんかすごいそういう気持でいっぱいなんです。」
そう語られている。

瀬川先生の気持がわかる。
ULTRA DACを携えて辻説法したい、そういう気持が芽生えてきた。

実際には無理なことはわかっているだけに、
ULTRA DACを聴きに来られる方がいるということの嬉しさがある。

Date: 3月 7th, 2019
Cate: audio wednesday
1 msg

第99回audio wednesdayのお知らせ(三度ULTRA DAC)

平成最後のaudio wednesdayは、4月3日。
平成最後のaudio wednesdayで聴くのは、メリディアンのULTRA DACだ。

三度(みたび)ULTRA DACだ。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 3月 5th, 2019
Cate: audio wednesday

第98回audio wednesdayのお知らせ(新月のaudio wednesday)

2018年にやり残したことのひとつが、ケイト・ブッシュのリマスター盤を鳴らす、である。
明日(6日)のaudio wednesdayは、前半はケイト・ブッシュを中心に聴く。
かけるのは“THE DREAMING”、これ一枚である。

後半はマーラーである。
2016年8月の新月のaudio wednesdayでは、ジュリーニの九番を最後にかけた。
今回はバーンスタイン/ベルリンフィルハーモニーの九番(SACD)に決めた。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。

Date: 2月 27th, 2019
Cate: audio wednesday

第98回audio wednesdayのお知らせ(新月のaudio wednesday)

3月のaudio wednesdayは6日。
3月の新月は7日、1時5分である。

たいていaudio wednesdayは23時30分ぐらいまで音を鳴らしているから、
3月6日のaudio wednesdayは、かぎりなく新月に近い状態での音となる。

2016年8月のaudio wednesdayも、新月に近かったので、マーラーの交響曲だけを鳴らした。
今回は、2月のaudio wednesdayの続きとして、2018年にやり残したことがテーマだから、
マーラーだけ、とはならないが、最後の曲はマーラーの交響曲にすると決めている。

2月のaudio wednesdayで最後にかけたのは、
ジネット・ヌヴーのブラームスのヴァイオリン協奏曲(ライヴ録音)だった。

2月のaudio wednesdayに来てくれた人の心に、ヌヴーの演奏がどう響いたのか。
一人一人に確認したりはしなかったが、
少なくとも無反応ではなかった。

最後にかける曲が、そんなふうに鳴ってくれると、鳴らしているこちらとしては満足感がある。

2016年8月に、最後にかけたマーラーはジュリーニの九番だった。
何番にするのか、指揮者は誰なのか。
今回は、まだ決めていない。

場所はいつものとおり四谷三丁目のジャズ喫茶・喫茶茶会記のスペースをお借りして行いますので、
1000円、喫茶茶会記にお支払いいただくことになります。ワンドリンク付きです。
19時からです。