Date: 10月 18th, 2019
Cate: 218, MERIDIAN
Tags:

メリディアン 218を聴いた(喫茶茶会記の場合・本音)

メリディアンの輸入元が、
現在のハイレス・ミュージックからオンキヨーへ、12月からかわる。

10月9日のオーディオ関係のウェブサイトのいくつかでニュースになっていたし、
私もここで書いている。

オーディオ関係のサイトでは、コンシューマー機器に関しては未定、というふうになっていた。
けれど、すべてオンキヨーに12月からなってしまう。

輸入ブランドの場合、輸入元が変るのは、
昔からよくあることである。

輸入元が変ったことで、ブランドイメージが変ることもある。
よくなることもあれば、反対のこともある。

往々にして輸入元が頻繁に変るブランドのイメージは、あまりよくない傾向にある。
それでもさまざまな事情があって、輸入元がかわる。

どこになっても、製品そのものが変るわけではない。
メリディアンの製品はメリディアンが製造しているわけで、
オンキヨーになったからといって、製品の質に変化が生じるわけではない。

価格に関しては、なんともいえない。
変らない場合もあるし、変る場合もある。

オンキヨーでの取り扱いが始まって、価格が変るのかどうかは知らない。

輸入元以外、現行製品に関しては何も変らないかもしれない。
それでも心情的に、私は喫茶茶会記には、
オンキヨー扱いの218ではなく、ハイレス・ミュージック扱いの218を入れたかった。

10月2日のaudio wednesdayの後に、店主の福地さんが、
218を導入したい、といってきた。
私は春に218を鳴らした時から、218を入れようよ、と福地さんには何度か言ってきた。

その気になってくれた一週間後に、オンキヨーに移る、というニュースだった。
福地さんの決心は早かったし、固かった。

ハイレス・ミュージック扱いの218を納めることができた。
よかった、うれしい、というのが、私の本音だ。

Leave a Reply

 Name

 Mail

 Home

[Name and Mail is required. Mail won't be published.]