リン KARMA

井上卓也

ステレオサウンド 75号(1985年6月発行)

特集・「いま話題のカートリッジ30機種のベストチューニングを探る徹底試聴」より

 標準針圧では低域が少しモゴっとするが、中高域に独特の爽やかなキラメキがあり、巧みにバランスを形成する。キメ細やかで線は細く、スッキリと音は抜けるが、音場感はやや不足気味。レコードらしい音である。
 針圧上限では、暖色系の安定した個性型の音で、中域に穏やかさ、安定感があり、0・05gの変化としては大きい。雰囲気よく、巧みにコントロールされた音である。
 針圧下限では、軽く、華やかさがある。適度に輝きのある音となり、プレゼンスが程よく保たれ、これはレコードとして聴いて楽しい音だ。音場感は少し平面的である。
 針圧を下限に決め、ファンタジアを聴く。低域は少し軟調だが、細かくきらめくピアノはかなり魅力的で、雰囲気がよく、きれいにまとまった音だ。リアリティよりも再生音的な魅力をもつ音だ。
 アル・ジャロウは音色が暖色系に偏り、リズムの切れが甘く、力不足な音楽になる。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>