KEF Model 303

黒田恭一

ステレオサウンド 54号(1980年3月発行)
特集・「いまいちばんいいスピーカーを選ぶ・最新の45機種テスト」より

 ともかくひびきのあかるくさわやかなのがいい。その点では、このランクのスピーカーとしては、ひときわぬきんでている。ひびきの力感の提示ということでは、たしかにものたりない。しかし、❸のレコードでの、オーケストラのフォルテによる総奏、あるいはブラスの鋭いつっこみなども、一応、その音楽的特徴をそこなわずあきらかにしているのは、見事だ。❷のレコードでのグルダのピアノが、やはりどうしてもこあじ、こつぶになるのは、いかんともしがたいが、その一方で、そこできかれる声のなまなましさはなかなかのものだ。当然のことに、重量級の音楽を、大音量できくスピーカーとはいいがたい。インティメイトな表情をもった音楽を、おさえめの音量でしずかにきくききてには、おそらく、うってつけのスピーカーといえるのではないか。❶のレコードできけるような今様な音楽への対応もすぐれている。

総合採点:9

試聴レコードとの対応
❶HERB ALPERT/RISE
(好ましい)
❷「グルダ・ワークス」より「ゴロヴィンの森の物語」
(ほどほど)
❸ヴェルディ/オペラ「ドン・カルロ」
 カラヤン指揮ベルリン・フィル、バルツァ、フレーニ他
(好ましい)

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>